アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロンズの天使1 プーシキン夫人の初恋

 ロシアの天才詩人プーシキン(1799-1837)、1928年、29歳の彼はモスクワのとある舞踏会で出会った16歳の美少女ナターリアに激しい恋をする。
 ナターリアは没落貴族の娘で、3人姉妹の中で一番の美人だったため、娘に玉の輿をさせようとした母によって、姉妹の中でたった一人社交界デビューしたのだった。美しくとも、持参金もなく、それどころか借金さえ背負ってきそうな彼女には、なかなか有力な求婚者はなかった。
 けれど恋をしたプーシキンにはそんなことはどうでもよかった。たいした金もない貴族である彼を、ナターリアの母は気に入らず、ナターリアの若さを理由に一旦は断ったものの、2年後、プーシキンの情熱に負け、ついに2人は結婚した。
 美貌のナターリアは社交界の花となり、皇帝ニコライ1世も魅了する。自由奔放な詩人であるプーシキンは、しばしば皇室を批判するような作品を描き、ニコライ1世の激しい怒りと反発をかっていた。そんなプーシキンを愚弄するかのように、皇帝は34歳の彼を年少侍従に任命する。それはプーシキンへの嫌がらせのほかに、美しいプーシキン夫人を宮廷舞踏会に出席させるためでもあった。
 情熱の詩人と皇帝を魅了しながら、美しいナターリアはいつまでたっても、不器用な少女のようだった。そして熱烈に愛されながら、実は恋を知らなかった。22歳の時、1人のフランス人将校と出会うまでは…。


アレクサンドル・プーシキン


 ロシアの巨匠、ニキータ・ミハルコフ監督が描きそうな物語です。
 ロシアの偉大な詩人プーシキンは小説や劇も書いていて、戯曲の一つ『モーツァルトとサリエーリ』は、アカデミー賞8部門に輝いた映画『アマデウス』のもととなった作品です。
 ミステリアスな短編『スペードの女王』は江戸川乱歩など、雑誌『新青年』のミステリー作家たちも魅了されたそうです。そのほか、『スペードの女王』『ルスランとリュドミラ』『エヴゲニー・オネーギン』『ボリス・ゴドゥノフ』はオペラ、『スペードの女王』『オネーギン』(原作は『エヴゲニー・オネーギン』)はバレエになっています。
 因みに『オネーギン』は、今年11月にシュツットガルト・バレエ団が上演してくれます。しかも主役オネーギンを踊るのは、パリ・オペラ座バレエ団から客演するマニュエル・ルグリなので、とても楽しみです。
 プーシキンは作品を並べただけで本当にすごい方です。ただ血の気が多い方で、小さなことから大きなことまで、しょっちゅう決闘騒ぎを起こしていました。

 このプーシキンの美貌の夫人ナターリアを主人公にした漫画がさいとうちほ著『ブロンズの天使』です。
 


 池田理代子著『オルフェウスの窓』や加藤知子著『天上の愛 地上の恋』がお好きな方なんて、きっとお好きじゃないかしら?(そもそもこの2作品を読んだ方は、私のHPに来てくださっているかしら…。おもしろいんですよ。とても)
 それからヴィスコンティ監督作品が好きな方や、ミュージカル『オペラ座の怪人』『エリザベート』が好きな方なども。
 もうとにかくおもしろくて、この漫画が連載されている雑誌『Flowers』まで毎月買っているほど。コミックはまだ2巻しか出ていませんが、雑誌ではもうコミック1冊以上先まで進んでいて、とても盛り上がってきました。


プーシキン夫人 ナターリア


 なんといってもナターリアが、人生で初めて恋してしまうジョルジュ・ダンテス男爵がとても素敵なのです。
 王党派のフランス貴族で、共和国となったフランスに見切りをつけてロシアに渡って、ニコライ1世のもとで近衛騎兵隊の少尉となっています(『はいからさんが通る』好きとしては少尉というのにも惹かれる…)。『ベニスに死す』の美少年ビョルン・アンドレセンをそのまま大人にして、白い軍服を着せたような姿が美しいのです。
 とあるパーティでトランプ遊びをしている中、プーシキンの『スペードの女王』の話題が出ます。ふとトランプのスペードの女王を取り上げて眺めるダンテス、そのカードが手から床に落ち、そのカードは1人の夫人の足元に落ち、非礼を詫びつつ拾おうとした時、体調を崩したその夫人が倒れ込んできて…それがナターリアだったのです(ここまでがコミック第2巻)。

 これ以降はまだコミックになっていないので、ネタバレご注意を。


ジョルジュ・ダンテス男爵


 体調を崩して気を失ったナターリアは自分を助けてくれた人が誰かを知らない。
ある日、宮中で馬術競技会があり、ナターリアは姉のエカテリーナと行きます。そこで優勝したのがダンテスで、姉のエカテリーナは王子さまのような金髪の貴公子ダンテスに一目惚れしてしまいます。
 姉の恋に協力しようとナターリアはダンテスと友人になろうとしますが、彼が年上の女性にふられるところに居合わせたり、エカテリーナの恋のために近付いたこともばれ、いつも口ゲンカ。他の女性にはとても優しいダンテスなのに、ナターリアに対してはいつも皮肉たっぷりで、恋さえもしたことのない子どもっぽさを笑われて、ナターリアも逆上していまいます。

 あんまりネタバレも…なのですが、プーシキン夫人の許されぬ恋というと、『ベルサイユのばら』のマリー・アントワネットとフェルゼン伯爵のような感じなのかなあと思っていた私には意外でした。社交界の花である2人のやりとりが、まるで少年少女のようで、初々しくてかわいらしくて…。
 ケンカばかりしていたのに、パーティで愛の歌が流れて、ふと見詰め合ってしまう姿はフランコ・ゼフィレッリ監督の『ロミオとジュリエット』! ニーノ・ロータのテーマ曲も聞こえてきそう。もう感情移入たっぷりで読んできます。
 しかも連載の1話1話がとっても読ませる。先月号(2005年6月号)でナターリアとダンテスが宮廷で踊るシーンは、まるでヴィスコンティ監督の『山猫』のようでした。

 ナターリアのセリフがいかにもいかにもの少女漫画でかわいくてかわいくて。
「なぜ涙が出るの…?」(それはあなたが恋しているからよ~♪)
「あなたなんて大嫌い!顔も見たくない!!」(そんないつも姿を追っているくせに…)
 少女漫画にツッコミ入れながら読んでいるのは、中学生以来かも(笑)

 あまりに好きなので、HPに『ブロンズの天使』のページを作りたいのですが、私は絵は描けないので、この日記でいろいろ語っていこうと思います。
 ああ、ロシアに行きたい。サンクトペテルブルクのプーシキン美術館と、モスクワのプーシキンの家に行きたい。それからナターリアとダンテスが踊ったエカテリーナ宮殿にも行ってみたい。
 でも、『ブロンズの天使』で一番好きなのはジョルジュ・ダンテス、応援しているカップルはナターリアとダンテスで、プーシキンの家など行ったら、プーシキン先生の幽霊が出てきそう。でもそうしたら『スペードの女王』の本にサインがほしい…(ミーハー)。

 『ブロンズの天使』を読んでいる方なんていないだろうなと思いつつ、いろいろキャスト。
 もしバレエ化するのなら、キーロフ・バレエ団で。プーシキンはファルフ・ルジマトフ、ナターリアはディアナ・ヴィシニョーワかしら。そしてジョルジュ・ダンテスはパリ・オペラ座から客演でマニュエル・ルグリで…。1人だけフランス人というのが、ダンテスの異邦人な雰囲気を出していいような気がします。
 ナターリアとダンテスのみなら、ウラジーミル・マラーホフとアレッサンドラ・フェリの美しい組み合わせも素敵かも。

 映画化するのなら、誰がいいかしら?ナターリア役、十代の頃のイザベル・アジャーニのような女優さんは今時いないし…。ダンテスは『オスカー・ワイルド』の時のジュード・ロウとか…。

無理矢理『ブロンズの天使』ハリウッド・キャスト 『パイレーツ・オブ・ブロンズ』(笑)
ナターリア:キーラ・ナイトレイ
プーシキン:ジョニー・デップ
ジョルジュ・ダンテス:オーランド・ブルーム

 ジョニー・デップは『ネバーランド』ほか作家役がなかなか似合うし、嫉妬に狂ったプーシキンのきれっぷりもさまになりそう。オーランドはレゴラス以来の金髪カツラを被って、ひたすら美しく演じてほしい♪ 年齢的にはキーラもナターリアにぴったりだし、観てみたいかもだ(戸田奈津子風)

 プーシキン、ナターリア、ダンテスについては、アンリ・トロワイヤ著『プーシキン伝』がお奨めです。さいとう先生もこの本をご参考にされているような気がします。分厚いけれどおもしろかったです。
 でもあくまで伝記なので、ほぼ事実として分かっていることしか書いていないので、こういう文献を基にして、想像を膨らませ、美しい恋を創造するさいとう先生は本当にすごいと思います。

 それから、漫画ではプーシキンはかっこいいのですが、実際はは九頭身美人のナターリアに比べて、身長が低かったそうです。ダンテスはもちろんナターリアより背が高くて、社交界の花であるナターリアとダンテスは、モデル体型、本当に絵のような美しさだったのでしょう。


宮中舞踏会のプーシキン夫妻
 
スポンサーサイト

ヘルムート・バーガーとルパート・エヴェレットの誕生日

 ヘルムート・バーガーとルパート・エヴェレット、それぞれオーストリア出身と英国出身である2人の俳優の名は、そう多く知られているわけではない。
 けれど、一部の女性達の間では、この2人の名は甘やか、或いは胸がしめつけられるような気持ちにさせるのではないだろうか。

 退廃的で絶世の美貌の2人の名を。


Helmut Berger


Rupert Everett


 ヘルムート・バーガーは、ミラノ貴族出身で、荘厳で退廃的な、珠玉のような作品を多く残したルキノ・ヴィスコンティ監督がもっとも大切にした俳優だった。
3つの作品『地獄に堕ちた勇者ども』『ルートヴィヒ』『家族の肖像』で、悪魔のような美しさで見るものを魅了した。
 特に『地獄に堕ちた勇者ども』で見せた女装とナチスの将校軍服姿の退廃的美しさは、麻薬と毒薬の両方を併せ持ち、大輪の紫の薔薇の花のようだった。

 ルパート・エヴェレットの代表作は『アナザー・カントリー』(1984)。
 その後もジュリア・ロバーツと共演した『ベストフレンズ・ウェディング』がヒットしたものの、やはり彼にとっての代表作は、1930年代の英国のパブリック・スクールを舞台にした『アナザー・カントリー』だ。
 この映画の中でルパートは、将来を有望視されながら、下級生の少年に恋をしたために、エリートの道からはずれていく少年を、衝撃的な美しさで演じた。
 ギリシャ神話のナルシスのような美貌、そして持ち前の育ちの良さと高貴さは、普通の少女には到底手に入るものではなく、それだからこそ、「生涯、女は愛さない」という言葉と共に、永遠となった。

 5月29日の今日は、2人の誕生日だった。
 なんという神の悪戯!絶世の美貌のこの2人が同じ誕生日であることを知った時は、激しい衝撃を受けた。


 ※HPでヘルムート・バーガーの『ルートヴィヒ』、ルパート・エヴェレットの『アナザー・カントリー』の感想を書いています。
ご覧になる場合、MIDIがなりますので、音量にご注意ください。

『キングダム・オブ・ヘブン』の各国公式HP

 今夢中になっている映画『キングダム・オブ・ヘブン』の各国公式HPを集めてみました。

アメリカ公式HP
日本公式HP

フランス公式HP
必見!「VIDEOS」のところでフランス語吹き替え予告が見られます!
本来登場人物たちは、フランス語を話していたはずなので、おもしろいです!

イタリア公式HP
イタリア語吹き替え予告
イタリア語吹き替え予告、こちらもかなり素敵です。イタリア・オペラのよう。

スペイン公式HP
スペイン語の吹き替え予告を楽しみにしていたのですが、なくて残念。小さいサイズながら、以下で見られました。
スペイン語吹き替え予告

ドイツ公式HP
「TRAILER」でドイツ語吹き替え予告が見られました。
これまでの吹き替えで一番オーランドの声に近いような気がします。

あとは吹き替え予告はありませんが、字を見ているだけでおもしろかったです。

台湾公式HP
貝里昴(バリアン):奧蘭多布魯(オーランド・ブルーム)
漢字の当て字、奧蘭多布魯って、なんだかオランダ(阿蘭陀)のよう…。

韓国公式HP
もはや読めません。

 映画に影響され、十字軍関連の本を読むようになりました。
 『アラブが見た十字軍』を今読んでいますが、おもしろいです。
 最初の方に登場する王の中に、クルジュ・アルスランやリドワーンという名が出てきて、まず感動しました。
 田中芳樹氏の『アルスラーン戦記』『マヴァール年代記』の登場人物の名前です。
 読み進み、映画の人物ボードワン4世やサラディン、そしてバリアンも出てきた時は、もう陶酔しました。
カレンダー(月別)

04 ≪│2005/05│≫ 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。