アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『エリザベス』の続編のことなど

Amazonを見ていたら、DVDストア4周年記念キャンペーンの44%OFFのコーナーに「イングマール・ベルイマン コレクション」がありました。
 買いたいと思いながら、高額なのでやめていたので嬉しいです。DVD-BOXって、どうしてこんなに高いのかしら?
 日本未公開のマイナー作品だけれど、『ベルイマンを読む』のストーリー紹介で内容を読んだら、なかなかよさそうなので買ってみます。
 でも最近は疲れがたまって純文学的作品をじっくり味わう余裕がなくてつらいです。

 DVDといえば、書店で発売している500円DVDに、ヴィスコンティ監督の『郵便配達は二度ベルを鳴らす』があり、驚きました。貴族ヴィスコンティの映画が500円…。
 どうか『ベニスに死す』や『地獄に堕ちた勇者ども』ほか後期の作品は安売りしないでと願いながら購入。大好きなフランス映画『禁じられた遊び』、ミュージカル『アンデルセン物語』もあったのでそちらも合わせて購入しました。
 
 続けて映画の話題を。
 大好きな映画の一つ『エリザベス』の続編情報がFLiXムービーサイトに出ていました。
 エリザベス一世の寵臣、冒険家サー・ウォルター・ローリーをクライヴ・オーウェンが演じるかもしれないとのことです。
 微妙…。クライヴ・オーウェンのファンの方がいらっしゃったらごめんなさい。『キング・アーサー』でも思ったけれど、この方には華を感じない。いい役者さんだとは思うけれど。
 エリザベス一世の寵臣でも、ウォルター・ローリー卿には、それほど魅力を感じないからいいけれど。
 エリザベスの最後の恋人、年下のエセックス伯ロバート・デヴァルーは出るのかしら?こちらの方が興味があります。エセックス伯の義理の父(母の再婚相手)は、なんとエリザベスの若き日の恋人レスター伯ロバート・ダドリーなのです。
 エリザベスが生涯愛しぬいたのは、ロバート・ダドリーだけという説もあるので、映画がどうなるのか楽しみです。

 
スポンサーサイト

ブロンズの天使6 美徳のよろめき(笑)


プーシキン夫人 ナターリア

 flowers8月号を買いました。
 公式HPの『ブロンズの天使』の紹介、笑えます。
「夫が不在の間に、ますますダンテスに心を奪われていくナターリア。罪の意識を感じるほど、その想いから逃げられず…!?」

 どう考えても昼メロです。その昼メロもどきの罠はまってしまってるわけなんだけど(笑)

 そういえば昼メロの代名詞?「よろめき」という言葉は、三島由紀夫の『美徳のよろめき』(1957)から来た流行語だそうです。
 耽美と退廃の三島由紀夫が流行語になるとは…。優雅な時代だったのね。生活ではなく心が…。

 作品紹介はもう少しどうにかならないかとは思うけれど、今月号、すごく良かったです。
 少しでも書くと、ネタバレになってしまうけれど、プラトニックな恋がこれほどドキドキする作品て珍しい。

 ブロンズの天使が恋したのは、大理石の美神だったのね。
 自分を賛美する詩人でも皇帝でもなく。
 ギリシャ神話の、自分の作った美しい像に恋をしたピグマリオン。願いが叶って命を持った美しい天使像が、恋をしたのはやはり美しい美神像だったなんて。

 今月号にトロイの神官ラオコーンもどきの像が出ていたけれど、トロイと言えば、ダンテスとナターリアをパリスとヘレンの恋と重ねているのかしら?

 80年後のニコライ二世の時代では、ロシアでも、離婚はもう少し楽になったようです。
 真面目なニコライは嘆いていたけれど。
 ニコライニ世の弟、ミハイルは、二度離婚した女性と結婚しています。

 そういえば、eiga.comに、米映画協会の映画史に残る名セリフの記事が載っていました。
 1位は、『風と共に去りぬ』ですが、そのセリフが意外でした。
 クラーク・ゲーブル演じるレット・バトラーの「正直なところ、どうでもいい」(Frankly, my dear, I don't give a damn.)なのです。
 ヴィヴィアン・リー演じるスカーレット・オハラの、希望とたくましさあふれるセリフ「明日には明日の風が吹くわ」(Tomorrow is another day)が、私は『風と共に去りぬ』の名セリフなのですが。「正直なところ、どうでもいい」はちょっと虚脱感が…。
 5位『カサブランカ』の「君の瞳に乾杯!」(Here's looking at you, kid.)は、文句なく映画史に残る名セリフ。素敵!

 でも、特にこの中に私が好きなセリフはないなあと思って、アメリカの発表ページを見ていたら、ありました。大好きなセリフ。

13位『ある愛の詩』(LOVE STORY)より
「愛とは決して後悔しないこと」
(Love means never having to say you're sorry.)


「愛とは決して後悔しないこと」
ナターリア、ダンテス、がんばれ!


The Black Brunswicker (1860)
by ジョン・エヴァレット・ミレイ
今月の「ブロンズ」のような絵(笑) 告白シーン素敵でした

ベルリン国立バレエ団 『ニーベルングの指環』2

 朝、起きたら“指環”の幽鬼と成り果てていました。
 指輪のあるじ(THE LORD OF THE RINGS)フロド・バギンズを襲います。シューッシューッ、バギ~ンズ、シャイア~(笑)

 昨夜観たベルリン・国立バレエ団の『ニーベルングの指環』』すごく良かったなあ。
 すっかり夢中になってしまいました。長すぎて、お尻が痛くなったし、『神々の黄昏』で少し睡魔に襲われたけれど。
 ベルリン国立バレエ団が好きになったし、ベジャールも更に好きになりました。
 やっぱりクラシックよりモダンなバレエの方が、若い才能が発揮できるのかもしれません。
 考えれば、マラーホフがベジャールを踊ったのも、初めて観ました。

 ヴォータン役のアルテム・シュピレフスキーと、少年ジークフリートのマリアン・ヴァルター、マラーホフのガラ公演にも来ないかしら?

 ヴォータンとジークフリートのみは、2人の人物が演じています。
 さすらい人と神々の王であるヴォータン、少年ジークフリートと英雄である青年ジークフリート。
 さすらい人と少年ジークフリートが鏡の前に立つと、鏡が開き第二の自分が現れて入れ替わります。
 その後もヴォータンと青年ジークフリートに、もう1人の自分がつきまといます。
 特にジークフリートは、青年と少年の2人のジークフリートが一緒に生き生きと踊って、おもしろかった。
 妻となったブリュンヒルデの元から冒険心を奮い立たせ旅立つ時、またラインの乙女たちが告げる死の時も、少年ジークフリートはは青年ジークフリートの前に現れます。
 死を暗示する、黒い目隠しをした少年ジークフリートがなんとも言えず色っぽかったです。

 ブリュンヒルデが眠る炎に囲まれた岩山がピアノで、それを赤いライトが取り囲んで、ピアノを火の神ローゲが弾く真似をしたのもおもしろかった。

 まだまだ書きたいことがあるなあ。
 けれどまた後で。
カレンダー(月別)

05 ≪│2005/06│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。