アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーサンガー・アベイ

 いろいろ本は読んでいるのだけれど、きちんとした感想どころかメモもしていない。
 というわけでメモ程度になるかもしれないけれど、まずは『ノーサンガー・アベイ』。

ノーサンガー・アベイノーサンガー・アベイ
(1997/10)
ジェーン オースティン

商品詳細を見る

 英国の女流作家ジェイン・オースティンの初期の作品。
 映画『ジェイン・オースティンの読書会』がすっかり気に入ってしまって読んでみました。
 その前にオースティンの翻訳本は、直訳なのか日本語としてとても読みにくいものが多いので(ある程度意訳してもいいから日本語として意味が通じるようにしてほしい)、買うときには同じタイトルのものがあったら最初の数ページを読み比べてから購入をお勧めします。『エマ』はロマンティック・コメディ的内容なのに、中公文庫版は眠くなりました(ごめんなさい)。オースティンはもちろんのこと、翻訳本はたいてい新訳の方がいいです。『エマ』のお勧めはこちらです。 前置きが長くなりましたが、この『ノーサンガー・アベイ』は1997年に訳された新訳で読みやすかったです。
 映画『ジェイン・オースティンの読書会』で読書会に参加した唯一の男性グリッグ(オースティンよりも会の参加者ジョスリンと親しくなりたかった)が「一番短いから僕が読むのはこれにしよう!」と選んだ作品。オースティン作品にしては短いです。

 19世紀初頭の英国、ヒロインのキャサリン(中流の真ん中よりちょっと上くらいの出身)は10人兄弟の四番目の女の子で長女。
 特別美人ではないけれど、特に頭がいいわけではないけれど、人を疑わない、ちょっと夢見がちな女の子。田舎育ちの彼女が良家の人々が集まる社交場で温泉保養地のバースに、家族と離れて初めてやってくることから始まります。
 初めて心ときめく人ティルニー氏、初めての親友イザベラとの出会い。ティルニー氏(キャサリンより良い家柄の出身)と少しでも親しくなりたくて、その妹エリナーと親しくなろうとするのですが、親友イザベラとその兄のジョン(キャサリンに好意)がそろって勘違いな言動で邪魔をするする…

 幸運なことにティルニー氏のお父さんティルニー将軍はキャサリンを気に入ったようで、娘と仲良くしてくださいと自分の屋敷ノーサンガー・アベイに招待してくれる。
 道中は憧れのティルニー氏と一緒の馬車。キャサリンはゴシックロマン小説を読むのがすきなのですが、ティルニー氏も読んでいることを嬉しく思います。
 ノーサンガー・アベイ(僧院)は、もともと古い僧院を改装した屋敷。ティルニー氏は真面目な好青年なのですがお茶目さんなのか「家は実はいろいろ怪異なことがあるんですよ」と、秘密の地下道がとか、拷問器具のある部屋があるとか、キャサリンを脅す脅す。キャサリンも「嘘でしょう?」と言いつつゴシックロマンの愛読者。つい想像をめぐらせて、ちょっと冷たいところがあるティルニー氏の父の将軍が、今は亡き妻を実は殺したのではと思い込み、締め切った夫人の部屋を探そうとします。

 オースティンの代表作『高慢と偏見』ほどは心に残りませんでしたが、脇役にいたるまで人物が魅力的。主人公の幸せを祈りつつ、勘違いさんやどうしようもない人の描き方がうまくて、「お前がそれを言うかあ」などといろいろツッコミ。この場合はキャサリンの親友のイザベラとその兄のジョンのソープ兄妹ですが、この二人のせいでキャサリンの家はすったもんだがあるのですが、キャサリンの両親がいい人で、大騒ぎしたり、喧嘩したりしないで、子どもたちの不幸も幸福も穏やかに優しく受け入れてくれるのが素敵です。
 
 読後感は爽やか。ハッピーエンドです。
 『ジェイン・オースティンの読書会』ではオースティンの6冊の本が出てきますが、映画を見た時点で、4冊は読んだり映画を見たりしていましたが2冊『ノーサンガー・アベイ』と『マンスフィールド・パーク』は未読。『ジェイン~』のグリッグではないけれど短いからと先に『ノーサンガー・アベイ』を読みましたが『マンスフィールド・パーク』も買ってきたので近いうちに読みます。 

 
マンスフィールド・パークマンスフィールド・パーク
(1998/10)
ジェーン オースティン

商品詳細を見る

 『マンスフィールド・パーク』は大学の時、集英社版を読みかけて訳が読みづらくて挫折。上記『マンスフィールド~』は新訳で読みやすそうなので楽しみです。

スポンサーサイト

ただ悲しくて

 以前(今も)映画『千と千尋の神隠し』と『ロード・オブ・ザ・リング』にはまって、創作をやってらっしゃるサイト様をいろいろ訪問したことがあります。
 そのほとんどがイラストサイト様。
 私自身はどちらかというと文章書きにも関わらず、惹かれてしまうのはなぜか絵画の方。
 サイトを開くのは学生の方が多く、年月と共に閉鎖されてしまったり、ジャンルを変えて、サイトが残っていないのが残念です。

 映画がブームになった時、本当に多くのサイトが作られたけれど、その中でも本当に映画と同様に人物に命を吹き込むことができる素晴らしい才能の方がいる。
 しかも絵であると、映画のイメージも損なわない。
 何人かの絵に、漫画に、本当に魅せられました。

 できるなら、私もずっと絵で描いてみたかった。
 だから心から羨ましくもあり、憧れました。

 けっこう気さくな方が多いのですが、掲示板を見るとお絵かき友達の方ばかりで(しかもタメ口会話で入りづらい…)、ついweb拍手て陶酔感想を書き逃げなんていうのが多くて、お返事をもらったりするとかなり嬉しかったものです(自分のサイトを大反省)。
 でも自分では気づかないかもしれないけれど、本当に素晴らしい才能なんですよ~!
 

続きを読む »

真央ちゃん公式HPを更新(追記あり)

 真央ちゃんの公式HPが更新されて、スケージュールにDOIが入っていました。
 スケジュールページ  
 DOI公式にはもともと名前が載っていたものの、昨年の欠場を思うと心配でたまらなかったので、一安心です。

 DOIの公式HPも更新されて、トップのFlash映像に織田君も加わっています。
 男子、女子、ゲストのページも更新されています。
 ドリーム オン アイス 2008 フィギュアスケート日本代表エキシビション

 それからDOIはフジテレビ系でテレビ放送もされるようです。
 【フィギュア】真央、信成らがドリーム・オン・アイスに出場(SANSPO.COM)
 6月29日 フジテレビ系(午後7時58分~)

 それからやはり真央ちゃんが出演するTHE ICEの方も出演者がますます豪華に。
 美姫ちゃんとエヴァン君の出演が決定しました。
 THE ICE公式HP
 フィギュアこぼればなし(中京テレビのブログ)

 「フィギュアこぼればなし」を読むとまだ出演者は増えるようです。
 キャストがあまりに素敵過ぎて、私も行くことを考えたのですが、交通費が高いし、会場が遠い…。
 せめて名古屋駅だったらなあ…。片道だけで東京バレエ団の「ジゼル」がS席で見られます…
 バレエで名古屋から東京にいつもいらっしゃる方は本当にたいへんな思いをされていたのですね。

 それから真央ちゃん公式のメッセージも更新されました。
 メッセージ
 今日からロシアに出発。新プログラムはタラソワさん振付のようでとても楽しみです。お写真もかわいいな(*^^*)←真似っこ 

 真央ちゃんのメッセージにもある文部科学省のスポーツ功労顕彰・表彰式の記事
 サンスポ

【追記】
 タラソワさんの振付はFSのようです。SPはロシアから帰国後カナダで振付だそうです(ローリー・ニコル?)。
 デイリースポーツ
 毎日新聞
 今シーズンのSP「ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア」がタラソワさん振付でとても素敵だったので、とても楽しみです。
 SPの方はローリーの可能性が高そう。2006-2007シーズンのローリー振付のSP「ノクターン」のような素敵なものになればいいのですが。

 Asada Mao SP + Swan Lake by Tchaikovsky
 タラソワさん振付で物語性ある曲というと…いつかこの曲でも見たいです。
 似合っていてびっくり。

【追記】
真央ちゃんの最新映像(練習風景とロシアへの出発)
2008 5/31 Mao Asada ANN NEWS

カレンダー(月別)

04 ≪│2008/05│≫ 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。