アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンジェラ・バレット 「絵本 アンネ・フランク」

 アンジェラ・バレットの日本で入手しやすい絵本の1冊。
 『アンネの日記』で知られる、アンネ・フランクの生涯を、分かりやすく絵本にした作品です。

絵本 アンネ・フランク絵本 アンネ・フランク
(2005/04)
ジョゼフィーン プール

商品詳細を見る

 昨年の1月末に、オランダ・ベルギーを旅行しましたが、オランダのアムステルダムで、アンネの隠れ家も訪れたので、今は家具などない“隠れ家”は、こんなだったろうなと興味深く読めました。

 図書館で本を消す時、司書さんが確認のためパラパラと中を見るのですが、この本を借りて返した時、女性の司書さんは中身を確認して返却が終わった後、ふと見ると、この本を興味深そうにもう一度見ていました。テーマは重いものの、綺麗で印象的なな挿絵です。

アンジェラ・バレット 「絵本 アンネ・フランク」

 生まれたばかりのアンネを見つめるお姉さんのマルゴット。
 強制収容所で、チフスで姉妹揃って、19歳と15歳で亡くなるなんて、誰が想像したでしょうか。


アンジェラ・バレット 「絵本 アンネ・フランク」

 隠れ家のアンネの部屋。
 昨年訪れた時、隠れ家には家具は何も残っていませんでしたが(隠れ家の入り口となる本箱は再現されていました)、アンネの部屋の壁だけは、当時そのまま、アンネが貼り付けたと思われる、映画スターのポートレートや天使のカードが貼り付けてありました。
 アンネの部屋は六畳くらい?の広さでしょうか(もっと幅は狭かったかも)、確かこの部屋にフリッツ・プフェファー歯科医師も同居することに。女の子としては嫌だったでしょうね。


アンジェラ・バレット 「絵本 アンネ・フランク」

 アンネと淡い恋に落ちるペーターの屋根裏部屋への階段は、今はのぼれないように、プラスチックの窓で覆われてています。ぼけっとしていた私はのぼろうとして、おもいっきりプラスチックの窓にぶつかってしまいました。
 どこかでそれを見たアンネが笑っていたかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

クリスチャン バーミンガム挿絵 「雪の女王」

 クリスチャン バーミンガム(Christian Birmingham)挿絵のアンデルセン「雪の女王」です。

The Snow QueenThe Snow Queen
(2007/11/05)
Hans Christian Andersen

商品詳細を見る


 以前アンジェラ・バレットや、ラッカムやデュラック挿絵の『雪の女王』を取り上げましたが、『雪の女王』は他にも素敵な挿絵がたくさんあります。

 関連記事:
 美しい挿絵: 『雪の女王』の薔薇
 アンジェラ・バレット 『雪の女王』 

 クリスチャン バーミンガムはアンジェラ・バレットと同様、日本ではあまり知られていない、イギリスの画家です。
 日本で出版されているものでは、C.S. ルイスのナルニア国物語シリーズ『ライオンと魔女』の絵本版『ライオンと魔女と衣裳だんす』がもっとも知られているでしょうか。

ライオンと魔女と衣裳だんす (児童図書館・絵本の部屋)ライオンと魔女と衣裳だんす (児童図書館・絵本の部屋)
(2000/08)
C.S. ルイス

商品詳細を見る


 『ライオンと魔女』には、雪の女王を思わせる白い魔女が登場するので比べてみるとおもしろいです。

ライオンと魔女と衣裳だんす
『ライオンと魔女と衣裳だんす』より
白い魔女とエドマンド

 ちょっと『白雪姫』のお妃みたいな、白い魔女ですね。「鏡よ、鏡~」って似合いそう。
 そういえば、『ライオンと魔女』を最初に読んだ時、エドマンドと白い魔女が、カイと雪の女王に重なりました。

 バーミンガムは、『人魚姫』『親指姫』等他のアンデルセン作品の挿絵も描いています。
 バーミンガムが描く少年少女はリアルながら、とても愛らしいです。アメリカの女流画家、可愛らしい子どもは、ジェシー・ウィルコックス・スミスと少し似ているでしょうか。
 ディケンズの『オリバー・トウィスト』の挿絵も描いているそうなので、こちらも取り寄せようと思っています。

クリスチャン・バーミンガム『雪の女王』
『雪の女王』より カイとゲルダ

クリスチャン・バーミンガム『雪の女王』
『雪の女王』より ゲルダ
かわいい!


 色使いがとても鮮やかな絵を描く画家ですが、『雪の女王』は白、青、灰色と抑えた色の中で、幻想的な世界を美しく描ききっています。

 それでは『雪の女王』です。


クリスチャン・バーミンガム『雪の女王』



クリスチャン・バーミンガム『雪の女王』



クリスチャン・バーミンガム『雪の女王』



クリスチャン・バーミンガム『雪の女王』



クリスチャン・バーミンガム『雪の女王』



クリスチャン・バーミンガム『雪の女王』



クリスチャン・バーミンガム『雪の女王』



クリスチャン・バーミンガム『雪の女王』


テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌

スラミス・ヴュルフィング挿絵 「人魚姫」

 先日天使絵でご紹介したドイツの女流画家スラミス・ヴュルフィング(Sulamith Wulfing)挿絵の、アンデルセン『人魚姫』です。
 関連記事:天使絵: スラミス・ヴュルフィング(Sulamith Wulfing)

The Little MermaidThe Little Mermaid
(1996/10/01)
Hans Christian Andersen、Sulamith Wulfing 他

商品詳細を見る

 残念ながら日本未発売、洋書でも絶版でAmazonでも高額になっています。

 これがとても美しいのです。
 黄昏の海の幻のように。


スラミス・ヴュルフィング 「人魚姫」



 スラミス・ヴュルフィング 「人魚姫」



スラミス・ヴュルフィング 「人魚姫」



スラミス・ヴュルフィング 「人魚姫」


 日本でも出版されないでしょうか。
 日本ではほとんど知られていない画家なのが、本当にもったいないです。

テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌

カレンダー(月別)

12 ≪│2013/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。