アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エリナー・ポーター著 「ぼく、デイヴィッド」

 『少女パレアナポリアンナ)』で知られるエリナー・ポーターエレナ・ポーター)の、唯一の少年を主人公とした小説です。

ぼく、デイヴィッド (岩波少年文庫)ぼく、デイヴィッド (岩波少年文庫)
(2007/03/16)
エリナー・ポーター

商品詳細を見る


 10歳のデイヴィッドは父親と2人だけで山で暮らし、自然の美しさと父から習ったヴァオリンが世界の全てでした。物心ついた時には、父以外にほとんど人を知らず、それ故に穢れを知らず、美しい心のままに、動物、植物、光を、喜び悲しみを、すべて音楽にしてヴァイオリンで奏でていました。
 ある日、父が重い病気になり山を降りますが、父は歩くのがやっとでした。ある村にようやく着きますが、農家のホリー夫妻の納屋で、父は死んでしまいます。読みにくい署名の手紙のみを残して。デイヴィッドは自分の苗字も知らなず、名乗る時は原題の“Just David(ただデイヴィッド)”と言います。死というものも理解できず、もっと幼い子どものように、父は“遠い美しい国”へと行ったと思います。
 身元の分からないデイヴィッドは結局ホリー夫妻に引き取られますが、純粋すぎる天然な言動、行動で、周囲を戸惑わせたり、怒られたりします。
畑を荒らすカラスが捕まえられているのを逃がしたり(聞いてほしかったな。あの喜びにあふれたカラスの声を!)、畑の雑草を抜くのを雑草がかわいそうと言ったり(雑草はもっとも綺麗で勢いがあるんだよ!)と、役立たずな上に口が減らないのでいらっとします…が、デイヴィッドは“本気”でそう思っているのです。

 夢見がちなデイヴィッドは、農家で午後4時まで手伝う労働を一生懸命やりながらも、その後の散歩したりヴァイオリンを弾く時間の方を愛します。仲良くなった、バラのお屋敷に住む美しい女性“バラの女王様”ミス・ホルブルックのの日時計が、日があたらない時間は時を刻まないように、労働時間は日があたらない、自分にとっては刻まれない時間なんだなと思います。
 ここは、感情移入してしまいます…

 デイヴィッドの友人となるのは、何らかの痛みと悲しみと美しさを感じる心をもった人たち、盲目ながら音楽をする少年ジョー、将来を約束されながら体を壊し田舎に住むジャックとジルの兄妹、大きなお屋敷でバラなど美しいものに囲まれながら悲しそうな“バラの女王様”。同じ年頃の学校での友人がいない…このへんはなかなかリアル。デイヴィッドはそんなことに落ち込まないし、常に朗らか。

 同じ作者の“パレアナ”の悲しいことつらいことがあっても何かきっと良かったと思えることがあるはずの“よかった探し”と同様に、周囲はデイヴィッドに反発を覚えつつ、でも失うことを恐れもするのです。

少女パレアナ (角川文庫クラシックス)少女パレアナ (角川文庫クラシックス)
(1986/01)
エレナ・ポーター

商品詳細を見る


 心の中に“天国”を持っている人。
 偉大になれるかもしれないし、周囲で浮くだけかもしれない。
 人間として生きる幸せをその“天国”は時に邪魔をすることもあり、わざわざその“天国”を壊そうと躍起になる人もいるけれど、でも心に“天国”を持っている人は、決して本当の不幸になることはない。

 児童文学や、童話の中にその“天国”を見つける喜び。
 この本は私を幸せにしてくれました。
 出会えてよかった1冊です。

 “デイヴィッド”という名は欧米の男性の名前ではありふれていますが、本の世界で“デイヴィッド”といえば、ディケンズの『デイヴィッド・コッパーフィールド』。このデイヴィッドも孤児。ポーターも主人公の名を考える時、このデイヴィッドが頭にあったかもしれません。義父にいじめられたり苦労する『デイヴィッド・コッパーフィールド』より、子どもの純粋さで周囲を幸せにする『小公子』セドリックの方が、こちらのデイヴィッドは近いかもしれませんが。

 作者のエレナ・ポーター(エリナーよりこちらの方がポピュラー)は、Wikiで調べたらほとんどの作品が一応は日本で翻訳されているようです。
 初期の『花ひらくビリー』『ビリーの決心』は1950年代に大久保康雄さんの訳で!大久保さんの訳といえば『風と共に去りぬ』の名訳!他にも新潮文庫のヘミングウェイ作品や、『Yの悲劇』等エラリー・クイーンのアルファベットもの!大好きなデュ・モーリアの『レベッカ』も大久保さん訳でした…。読みたいけれど、古本屋さんサイトにも、地元図書館にもなく残念です(『ビブリア古書堂』の栞子さんに依頼したいです)。再販しないかな…。
 仕方がないので、英語の原本で読もうかな…と検討中です。少女名作シリーズにあった『金髪のマーガレット』も完訳は出ていないし(少女名作シリーズ自体絶版)、その続編は未訳。『ぼく、デイヴィッド 』の美しい翻訳本(初版の美しい挿絵付)は本当にありがたいです。

 『ぼく、デイヴィッド 』の翻訳で少し気になったのは、デイヴィッドと亡くなった父を、村の人たちは“ホームレス”と蔑んだ言い方をするのですが、“ホームレス”は今時の言い方ですが、そう訳されたのは差別用語の関係でしょうか。日本では明治の20世紀初頭が舞台なので、少し違和感を感じました。最近ではマーク・トウェインの名作“The Prince and The Pauper”、王子と貧しい少年が入れ替わる物語の有名な邦題が差別用語にあたるそうで、『王子と少年』の題になることもあるそうです。
スポンサーサイト

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

HP更新: ロセッティ 「オフィーリア」

 少し忙しくて、書きたいこと、やりたことはたくさんあるのに、なかなかできず。
 最近取り上げているジェーン・オースティンの有名小説で、とても素敵な挿絵を見つけたので、そのうち取り上げます。

 HPのオフィーリア特集を更新しました。
 ラファエル前派の画家、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティの描いたオフィーリア、様々な画家が描いた「侠気のオフィーリア」です。

 ロセッティはちょっと珍しい習作などもあります。 
 更新したページの一部の絵画を。
 

ロセッティ 「ハムレットとオフィーリア」


ロセッティ 「オフィーリアの発狂」


 関連記事:
 HP更新:水に沈むオフィーリア
 HP更新:オフィーリア特集
 HP更新:ジョン・オースティン画「ハムレット」
 東逸子さんの美しい本(東逸子さんが描いたオフィーリア)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

アンジェラ・バレット挿絵 「シェイクスピア物語」

 アンジェラ・バレット挿絵のシェイクスピア物語集です。

The Orchard Book of Shakespeare StoriesThe Orchard Book of Shakespeare Stories
(2001/09/27)
Andrew Matthews

商品詳細を見る


 『夏の夜の夢』『ヘンリー五世』『ロミオとジュリエット』『マクベス』『アントニーとクレオパトラ』『十二夜』『ハムレット』『あらし(テンペスト)』の8編が収められています。


アンジェラ・バレット「夏の夜の夢」
『夏の夜の夢』より 妖精の女王タイターニアととりかえ子


 以前ご紹介したバレット挿絵のバレエ物語に続き、たいへん美しい挿絵、口絵です。表紙は『夏の夜の夢』です。タイトルが月にかかっていておしゃれです。色とりどりのバレエ物語に比べると、少し暗めの色彩です。

The Orchard Book of Stories from the BalletThe Orchard Book of Stories from the Ballet
(2003/09/25)
Geraldine McCaughrean

商品詳細を見る


 間違いなく正統派のシェイクスピアの世界なのですが、古典的ながら新しく、バレットにしか描けない独特の美しさがあります。
 『ロミオとジュリエット』は、バレエ物語の本にもある作品ですが、挿絵はまったく別です。
 こちらで中身少し見ることができます(『夏の夜の夢』)。


 『ハムレット』からオフィーリア。ルネッサンス絵画のちょっと平面的な美人。多くの人が描く狂気シーンや川で死んでしまうシーンはながったのが意外で新鮮でした。
 ハムレットの方は、金髪で、少しフィギュアスケートのプルシェンコ選手に似ていました


undefined
『ハムレット』より オフィーリア


 『マクベス』から、高潔な将軍であったマクベスを王位につけるため、ダンカン王の殺害を煽った悪女、マクベス夫人です。
 闇の深さが漂ってきます。


アンジェラ・バレット「マクベス夫人」
『マクベス』より マクベス夫人


 『十二夜』よりヒロインのヴァイオラです。
 ヴァイオラは双子の兄、セバスチャンと共に航海の途中嵐で遭難し、1人助かります。身を守る為男装してオーシーノ公爵に仕えちるうちに、公爵に惹かれていきますが、公爵の方は伯爵令嬢オリヴィアに夢中。泣く泣く公爵の気持ちをオリヴィアに伝えるため彼女を訪ねると、オリヴィアはなんと男装したヴァイオラに恋してしまいます。


アンジェラ・バレット 『十二夜』より ヴァイオラ
『十二夜』より ヴァイオラ


 『あらし(テンペスト)』から、魔法使いのプロスペローと娘ミランダ、ナポリ王子ファーディナンドです。
 ミラノ大公だったプロスペローは弟アントーニオにより地位を追われ追放され、幼い娘と共に孤島で暮らし、魔法を研究していました。
 12年後、魔法により弟アントーニオとナポリ王一行を乗せた船を魔法で島に漂着させます。一行と離れ離れになったナポリ王子ファーディナンドは、プロスペローと娘ミランダに会い、ミランダと恋に落ちます。

アンジェラ・バレット 『あらし(テンペスト)』
『あらし(テンペスト)』より プロスペロー、ミランダ、ファーディナンド


テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌

カレンダー(月別)

02 ≪│2013/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。