FC2ブログ

アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

コメントをくださった方へ

7月15日の日記だと思うのですが、コメントをくださった方、たいへん申し訳ございません。
あらしコメント削除中に誤って削除してしまったようです。

せっかくコメントくださったのに日記を2ヶ月も放置した上に失態、返す返すも本当に申し訳ございませんでした。
もしまたご覧になり、もう一度コメントくださいましたら、必ずお返事いたします。


*** COMMENT ***

もしかしたら、自分のことかしらん・・・・。



と再度、コメントいたします。

ブックス・ビューティフルのイラストレーターを取り上げているサイトなので覘かせていただいております。

さて、日本のブックス・ビューティフルと言えば内田善美を忘れてはおりませんか?
りぼんでデビューした漫画家さんですが緻密で流麗な筆致とセピアカラーのノスタルジアといった画風で、海外のイラストレータに負けず劣らずの世界を展開されている方です。ここ二十年ほど消息不明なので新作にお目にかかることはありませんが、探してみるだけの価値はあると思います。既知であれば聞き流してください。

中でも「ソムニウム」は絵につけられた断片のような文章が効果的に機能している傑作ですので、お薦めです。また、ハヤカワFT文庫でもジャック・フィニイ「ゲイルズバーグの春を愛す」、ピエール・グリバリ「ピポ王子」の装丁も秀逸ですので、本編ともにお薦めです。なお、立ち上げ当初のハヤカワFT文庫はHAシームの挿画によるロード・ダンセイニ「ペガーナの神々」、マリオ・ラボチェッタの「ホフマン物語」を表紙に使用した「五つの壺」、山岸涼子の手になるパトリシア.A.マキリップの「イルスの竪琴」三部作など要チェックだったりします。

バレエ関連についてはもともとリンゼイ・ケンプから興味を持ち始めたクチなので、興味の方向性は違いますが参考にさせていただいております。ちなみに海外のダンサーで好きなのはリンゼイ・ケンプ、アダム・クーパー、国内では首藤康之です。
そういえばバルビエをトップページに使っておられましたが、バルビエはディアギレフ・ガラの文脈で、というよりニジンスキーの文脈で外せないイラストレーターですね。

長々と失礼しましたが、今後もよろしくお願いします。

AmlethMachina様へ

AmlethMachina様、コメントありがとうございます。

あやまってコメントを削除し、また長い間、ブログを放置して、お返事も書けず、たいへん申し訳ございませんでした。

内田善美氏は、私の少女時代よりも前に活躍されたこともあり存じ上げませんでしたが、「ゲイルズバーグの春を愛す」は持っております。
この素晴らしい表紙絵を描かれた方だったのですね!
「ソムニウム」も読んでみたいと思いAmazonで探してみましたら、とんでもないほど高額で驚きました。
いつか読める日がくれば良いのですが。

ダンセイニの本のご紹介もありがとうございます。
こちらは手に入れられそうです。
まだまだ私の知らない素敵な本がたくさんあるようで、探すのが楽しみです。

リンゼイ・ケンプ、アダム・クーパー、国内では首藤康之さんも素晴らしいダンサーですね。
私はダンサーでもフィギュアスケートでも、どこか妖精的な雰囲気の方が好きで、ダンサーではウラジーミル・マラーホフやマニュエル・ルグリが好きです。

バルビエは「舞台芸術の世界~ディアギレフのロシアバレエと舞台デザイン~」展で、ニジンスキーの絵を直に見ることができ、たいへん感激いたしました。

来年こそはまたブログをたくさん書いていきたいので、またぜひいらしてください。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク