アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

服部まゆみさんを偲ぶ 『ラ・ロンド』

 日記が止まってから随分になりますが、その間本はたくさん読んでいます。
 学生の頃のように時間がたっぷりあるわけではないから、1日で1冊読み終わることが本当に少なくなってしまったけれど。

 好きな作家名をAmazonで検索して、大好きな作家の1人服部まゆみさんが新刊『ラ・ロンド』を出していたことを知り、図書館で借りてきた。

ラ・ロンド―恋愛小説ラ・ロンド―恋愛小説
(2007/05)
服部 まゆみ

商品詳細を見る


 これまでの作品では『時のアラベスク』や『ハムレット狂詩曲』に似ているかな?

 「父のお気に入り」「猫の宇宙」「夜の歩み」の3編収録された短編集です。
 
 正直に言って、男性がちょっと勝手だなあ。作中、2人(或いは3人)の女性に愛される画家にまったく魅力を感じないのが残念。
 「父のお気に入り」「猫の宇宙」は男性、「夜の歩み」は女性と男性がが語り手。
 「夜の歩み」は「父のお気に入り」「猫の宇宙」 が繋がるような構成になっています。

 「夜の歩み」があることによっていい形に終わっている。
 「父のお気に入り」「猫の宇宙」の男性が自分の中で女性を自分の理想化して傷つけていたから、これは女性の目線から描いたらどうなんだろう?と思っていたから。
 「夜の歩み」は、「父のお気に入り」の語り手の恋人(女性)と「父のお気に入り」の語り手(男性)がそれぞれ語り手で、女性→男性→女性の目線で語られています。
 おもしろいと思ったのは「猫の宇宙」で不思議な魅力を持った美少女が、いかにも子どもであること。男性目線と女性目線の違いか。
 救いがないと思った「父のお気に入り」も女性の目線から描いたらまた違った物語になるのだろう。でもどんな理由があっても想いがあっても…、あれは絶対してはいけないことだ。

 いろいろ思うことはあるのだけれど、完全に好きにはなれなかった。
 天童荒太さんの『永遠の仔』にどっぷりとはまった後、天童さんの短編集『あふれた愛』を読んだ時と同じ気持ち。
 「父のお気に入り」と「猫の宇宙」の語り手は、『あふれた愛』の「うつろな恋人」に似ている。
 誰もが賞賛するような美女でも才女でもなくて、普通の女の子、あるいは人並み以下の目立たない女の子であっても、自分の、自分だけの大切な世界を持っていて、それを男性の力でもって壊すのはあまりにひどすぎるし、やりきれないのだ。
 たとえ本の世界でも。

 とは言いながら、『ラ・ロンド』の描写や表現、出てくる小物は服部さんらしく耽美で、とても惹かれてしまう。
 「父のお気に入り」で語り手の美しい恋人が演じるエリザベス朝時代の戯曲、ジョン・フォードの『あわれ彼女は娼婦』と、語り手がもう1人惹かれる平凡な容姿の元同級生が読んだ子ども向けにのシェイクスピアの『リア王』。
 『あわれ彼女は娼婦』で主人公アナベラを演じた語り手の恋人妙子は、ラファエル前派の画家ロセッティの絵画のように、長い髪を膨らませて、舞台で裸身の体を覆った。

 また「猫の宇宙」では頭痛に悩ませられる語り手の哲学講師が、義父が残したアトリエでずっと聞いているのがマーラーの交響曲第5番のアダージェット。
 バレエをやっている美しい姪が、映画の『ベニスに死す』の曲ねと、『ベニスに死す』のイメージで踊るシーンもまた美しい。

 服部さんの美の世界観、やっぱりすごく好きだ。最高傑作『この闇と光』からずっと。

 『ラ・ロンド』の他の方の感想など、服部さんについて調べていたら、あまりに衝撃的なことを知りました。
 今年2007年8月16日、肺癌のため服部さんは亡くなられたのだそうです。
 58歳という若さでした。

 最近はあまり作品を発表されていなかったけれど、病気と闘っていらしたのでしょうか。
 なぜ一度でも作品や服部さんの世界観が大好きだと伝えなかったんだろう?
 グレン・グールドのバード&ギボンズ作品集やマイリンクの『ゴーレム』、エリザベス朝劇、パリのカタコンベ、ヴァージニア・ウルフ、エレファント・マンなど、興味を持ったのはすべて、すべて服部さんの影響。
 グールドを聞きながら、服部さんを偲びます。服部さんの世界が大好きでした。

この闇と光 (角川文庫)この闇と光 (角川文庫)
(2001/08)
服部 まゆみ

商品詳細を見る


一八八八切り裂きジャック (角川文庫)一八八八切り裂きジャック (角川文庫)
(2002/03)
服部 まゆみ

商品詳細を見る

*** COMMENT ***

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント嬉しいです!

とても素敵な贈り物、ありがとうございます!
とても嬉しいです。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。