アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画版 「失われた時を求めて」

本屋さんに行ってびっくり。
あのマルセル・プルーストの大長編『失われた時を求めて』の漫画版がありました。

失われた時を求めて フランスコミック版 第1巻 コンブレー失われた時を求めて フランスコミック版 第1巻 コンブレー
(2007/11/20)
ステファヌ・ウエ、マルセル・プルースト 他

商品詳細を見る


ステファヌ・ウエさんというフランスの男性が漫画化されているのですが、エルジェの「タンタンの冒険旅行シリーズ」のような可愛らしい絵で、全カラーです。

フランス本国でも評価が分かれたようですが、個人的には感激しました。
第1巻は第1部の『スワン家の方へ』から「コンブレー」。
『スワン家の方へ』は「スワンの恋」の部分は、ジェレミー・アイアンズ主演で映画化されていたけれど、「コンブレー」は映像化されたことって多分ないと思う。
難しくて理解できなかったシーンもあるので、個人的には綺麗な絵での漫画化は嬉しいです。

プルーストもヴァージニア・ウルフもジェームズ・ジョイスも“意識の流れ”を描いた作品は、美しいけれど難しい。特に『失われた時を求めて』は日本語訳本で読みづらいものが多いです。鈴木道彦訳の集英社版は比較的読みやすかったかな。

漫画版では、かの有名な、紅茶にひたしたひと口のマドレーヌからふと蘇るコンブレーの記憶のシーン、きちんと描かれていました。これこそ絵にするのは難しいだろうと思っていたので、なんだか感激。
子ども時代の語り手が幻灯を見るシーンや教会のステンドグラスを見るシーン、ママンのキスを待って眠れないシーンがすべて原作通りに描かれていました。

欠点といえばA4変形の大型本なこと。
全巻揃えたらどのくらいの量、重さになるんだろう。
ただでさえも絵本や画集の収納場所がなくて。
でも全部読んでみたいです。

*** COMMENT ***

私も買いました

サンドラさん、今年もよろしくお願いします。
この本はあるバレエ関係のブログで紹介されていて、私も買いました。サンドラさんは原作も読んでおられるのですね。さすが。
私は、集英社の豪華な本を美しさに惹かれて図書館から借りたのですが、貸し出し期間内に読み切れず、挫折してしまいました。私の借りた本はこれです。
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6%E3%80%881%E3%80%89%E7%AC%AC%E4%B8%80%E7%AF%87-%E3%82%B9%E3%83%AF%E3%83%B3%E5%AE%B6%E3%81%AE%E6%96%B9%E3%81%B8%E3%80%881%E3%80%89-%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB-%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88/dp/4081440018/ref=sr_1_15?ie=UTF8&s=books&qid=1199294746&sr=1-15
漫画の方は読みやすいので、全巻読破したいと思っていますが、原作もいつかは、と秘かに思っていたりもします。

あけましておめでとうございます。

仁菜さん、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

この本はバレエのブログ様でも紹介されていたのですか?
プティのバレエにもありますものね。

『失われた時を求めて』、読んだといっても、半分、いや3分の1さえ理解できたかどうか(笑)
私の読んだものは仁菜さんが借りられた本です。
同じ翻訳家の方のもので、ダイジェスト版(各巻の要約付)が出ていて、こちらの方が読みやすいです。
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%B1%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%99%82%E3%82%92%E6%B1%82%E3%82%81%E3%81%A6%E3%80%88%E4%B8%8B%E3%80%89-%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AB-%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88/dp/4087731502/ref=sr_1_7?ie=UTF8&s=books&qid=1199325170&sr=1-7

漫画版はこれからどうなるか心配ですが、ぜひ読破したいですね。
あの可愛らしい絵で、ディープな『スワンの恋』をどう描くかも、不安半分、楽しみ半分です。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。