FC2ブログ

アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

『エリザベス』の続編のことなど

Amazonを見ていたら、DVDストア4周年記念キャンペーンの44%OFFのコーナーに「イングマール・ベルイマン コレクション」がありました。
 買いたいと思いながら、高額なのでやめていたので嬉しいです。DVD-BOXって、どうしてこんなに高いのかしら?
 日本未公開のマイナー作品だけれど、『ベルイマンを読む』のストーリー紹介で内容を読んだら、なかなかよさそうなので買ってみます。
 でも最近は疲れがたまって純文学的作品をじっくり味わう余裕がなくてつらいです。

 DVDといえば、書店で発売している500円DVDに、ヴィスコンティ監督の『郵便配達は二度ベルを鳴らす』があり、驚きました。貴族ヴィスコンティの映画が500円…。
 どうか『ベニスに死す』や『地獄に堕ちた勇者ども』ほか後期の作品は安売りしないでと願いながら購入。大好きなフランス映画『禁じられた遊び』、ミュージカル『アンデルセン物語』もあったのでそちらも合わせて購入しました。
 
 続けて映画の話題を。
 大好きな映画の一つ『エリザベス』の続編情報がFLiXムービーサイトに出ていました。
 エリザベス一世の寵臣、冒険家サー・ウォルター・ローリーをクライヴ・オーウェンが演じるかもしれないとのことです。
 微妙…。クライヴ・オーウェンのファンの方がいらっしゃったらごめんなさい。『キング・アーサー』でも思ったけれど、この方には華を感じない。いい役者さんだとは思うけれど。
 エリザベス一世の寵臣でも、ウォルター・ローリー卿には、それほど魅力を感じないからいいけれど。
 エリザベスの最後の恋人、年下のエセックス伯ロバート・デヴァルーは出るのかしら?こちらの方が興味があります。エセックス伯の義理の父(母の再婚相手)は、なんとエリザベスの若き日の恋人レスター伯ロバート・ダドリーなのです。
 エリザベスが生涯愛しぬいたのは、ロバート・ダドリーだけという説もあるので、映画がどうなるのか楽しみです。

 

*** COMMENT ***

ヴィスコンティ&ベルイマン

三たび、お邪魔します。フルヤマです。

> クライヴ・オーウェン

『クローサー』。。。

↑変なキャラの立ち方していて、それはそれで面白かったんですが、映画が・・ナタリー・ポートマンのワンマン・ショー(苦笑)。 ←嫌いじゃないけど、何のために四人のアンサンブルがあるんだか?というような作品でした・・・

> 貴族ヴィスコンティの映画が500円…。

そ、そうですよね~、酒屋で半額で叩き売られている"キュベ・ナオミ"(by川島なお美プロデュース)とはワケが違いますもんねぇ~・・(^_^;

ところで、ヴィスコンティに関しては、何とかしてでも映画館で見るべき物(映画館でないと堪能出来ない物)、と思っています。 『若者のすべて』のおどろおどろしい雰囲気(&サウンドトラック)とか、『夏の嵐』のブルックナーがどーーん♪扉ばーーん#のところとか、『イノセント』の囁き+篭った感じ、とかetc...

その点、ベルイマンは、テレビ画面でもO.K.なんですよね・・実際、テレビ・ドラマみたいなのが多いですし (上記3作は、自分も見たいな~・・)。

好みから言うと圧倒的にベルイマンなのですが・・
今時、『秋のソナタ』、とか言っても、「え?冬ソナ?」と返ってくるのが・・辛い。。。

お返事が遅くなり、申し訳ありません

フルヤマさん、コメントありがとうございます。
お返事が遅くなり、申し訳ありません。

クライヴ・オーウェン、いい俳優さんなのですが、今のところ、私にはまだ魅力は分かりません。どうしても主役を演じる彼より、脇である共演者の方に目がいってしまうのです。
でも女優さんには、彼のような堅実な演技者は、演じやすいのかもしれません。
バレエのパートナーでいえば、自分を確実にサポートし、より以上の魅力を引き出してくれるのか、或いは彼自身がひじょうに魅力的なダンサーで、彼に負けないように踊るのか。
勝手な解釈ですが、クライヴ・オーウェンは前者のような気がします。『クローサー』で共演のジュード・ロウは後者。そして私は後者のタイプの男性ダンサーが好きなのです。

ヴィスコンティの映画は安売りしてはいけません!
でも、観る人が増えるのはいいことなのでしょうか。
後で知って、こんなにすごい人なのかと。
フルトヴェングラー指揮のベートーヴェンの交響曲が、上野の駅の特設コーナーで、千円で売っていて時も複雑でしたが…。

ベルイマンは、テレビ作品もいいですね。『ファニーとアレクサンデル』はテレビ放送のロング・バージョンのほうが好きです。DVDでは残念ながら、映画用に短くしたものしか出ていないようですが。

DVDといえば、以前、掲示板でご紹介いただいたサイレント映画で、売り切れだった作品が、再発売されるそうで嬉しいです。
『裁かるるジャンヌ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00091PFLO/ref=pd_thx_sims_3/249-7622957-9899546?%5Fencoding=UTF8
こういう作品こそ、低価格にして、出回ってほしいです。
サイレント版『オペラ座の怪人』は、500円DVDで、本屋さんで売っていましたが。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク