アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラーホフの「マノン」(全幕)が見たい…

 もうすぐ愛するマラーホフのバレエ公演。
 YouTubeでいろいろ見ていたら、マラーホフの「マノン」の長めの動画がいくつかあがっていて見入ってしまいました。

 Vladimir Malakhov - Manon

 True Prince Vladimir Malakhov

 美しい…。
 下の映像、マノンの方は足音がするのに、マラーホフは全然音がしない。
 ああ、この短い映像で、愚かなことにまた恋に落ちてしまったよ…
 これでオフは庶民派おにいちゃん、日本語はちょっとおねえちゃん入ってる方とは…

 Manon: Diana Vishneva, Vladimir Malakhov
 DVDも出ているヴィシニョーワとの「マノン」の寝室のパ・ド・ドゥ
 個人的にはヴィシニョーワとの組み合わせは、そんなに好きではないのですが。
 
 ああ、全幕で見たいよ~ 「マノン」
 日本には年に何度も来てくれるのに、「マノン」はおそらく一度も日本で全幕を踊ったことはないと思います。
 寝室のパ・ド・ドゥと沼地のパ・ド・ドゥはガラ公演で見ているけど。
 7年くらい前?アメリカン・バレエ・シアターが来た時に全幕で踊る予定があったのに、病気で来日できなくて、たしかその時、アレッサンドラ・フェリとの「ジゼル」もあったはずなのに、本当に残念です。


アラステア 「マノン・レスコー」
Alastair "Manon-Lescaut"
アラステア「マノン・レスコー」

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

あなたがお心を返してくださらないのなら
わたしは死ぬつもりです。
あなたのお心なしで、わたしは生きていけません。

それなら、ぼくの命をくれといえばいい、不実な女よ!
命をくれと言えばいい。
それが君に奉げられるぼくのただ一つの贈り物だ。
なぜなら、ぼくの心はいつだって君のものだったのだから。

Alastair-Manon-Lescaut


アベ・プレヴォー『マノン・レスコー』 ストーリー 

騎士デ・グリューは美少女マノンと出会い駆け落ちするが、彼女を愛した男たちは嫉妬や彼女の欲望から破滅していき、デ・グリューも巻き込まれて数々の罪を犯す。彼女はアメリカへ追放処分となり、デ・グリューも彼女に付き添って行くが、アメリカでも彼女をめぐる事件は起き、ついにマノンは寂しい荒野で彼の腕に抱かれて死ぬ。
               Wikipediaより引用

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。