FC2ブログ

アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

私の男

私の男私の男
(2007/10/30)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


 『赤朽葉家の伝説』がとても気に入ったので、続けざまに桜庭さんの作品を図書館でリクエストして読んでいます。
 『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』『少女には向かない職業』は個人的にはあまり好きではありませんでした。
  『ロード・オブ・ザ・リング』以前のピーター・ジャクソン監督が、十数年前に撮った映画『乙女の祈り』と雰囲気が似ているような気がする。初めから少女の身に何が起こったか分かっていて、結末に向かって悲劇が起こる。血の匂い(“香り”ではなく“匂い”)や感触がリアルで、結末が救いがなくて、いまだに「夢見たっていいじゃないか」のバカな私には合いませんでした。

 でも『私の男』は素晴らしかった!
 血の匂いも感触もするのだけれど、おそらく主人公2人はそれさえも嘗めつくしてしまうほど深く…つながっている(この場合“つながっている”でいいのかな。もっと相応しい言葉がありそう)。

 短いながらすべてを失っていいほど愛し合える、愛しつくすのって、長い人生を考えると嫌ではあるのですが(周囲に迷惑かかるし)、それでも憧れます。『愛人(ラマン)』とか映画『ベティ・ブルー』とかいいな。
 1週間くらいなら…、切ないし短いな。10日間…は長すぎるか。そういえばミッキー・ロークとキム・ベイシンガー主演の『ナインハーフ』という映画がありました。日本語に直すと「9日半」、実は見ていないけれど(笑)、「9日半」てちょうどいい。

 淳悟は豊川悦司さんと『家族の肖像』の時のヘルムート・バーガー様のイメージかなあ。
 花はマルグリット・デュラス(『愛人(ラマン)』の作者)のイメージ。
 映画の『レオン』もちょっと思い出す。

 完全な映像化は無理でしょう。花が“私の男”を抱きしめたのが“9歳”故に。
 この作品は男の人が書いていたらさすがに共感できなかったかもしれない。
 子どもに親は選べない。出生に秘密を抱えて生まれてきて、9歳にして身寄りがなくなってしまった花。その少女に愛を押し付けていいのかと…
 ただ花も愛している。それが悲しいくらい伝わってきて、抱きしめてしまった気持ちが分かるのです。
 愛することや運命の出会いは人それぞれだけれど、源頼朝の娘の大姫(7歳)とか、『千と千尋の神隠し』の千尋(10歳)とか、幼くても大人にも負けないほどの、純粋ゆえにそれ以上のものが、時にあるような気がします。

 マルグリット・デュラスは『愛人(ラマン)』の中で18歳にして老いてしまったと書いていたけれど(それは人間としてではなく、女としてだと思う)、花はもっと早かったかもしれない。
 でも人間としては、人間の女としては、妻として母として普通に周りに溶け込んでやっていけるような気がします。

 読み終わってから第1章を読み返して、もう一つ思い出した。
 『オペラ座の怪人』。
 闇の中で、闇の歌を天使の声で歌う少女。深い絆と別れ。
 “あなたは一人ぼっちじゃない”ことは、言わなくても淳悟は分かりすぎるくらい分かっていると思うけれど。それが悲しい。
 『赤朽葉家の伝説』も思ったけれど、桜庭さんは悲しく情けない男の人を書くのが上手だと思う。その中で淳悟は一番の美男でした。
 そして自分を省みない私は美しい男の人が大好きなのです。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク