アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしいチケット

 セール、先週の金曜日から70%オフも出てきて、けっこういいものがあって…ついつい買ってしまいます。
 うう、もうお店見ないようにしよう。

 「買いすぎよ!」と母が、私が昔買った夏用バッグを収納ケーズからいくつか出してきてくれたのですが、おお、まだ使えるじゃん!服に合わせていろいろ変えようっとほくほく。
 ふと古いかごバッグをさぐったらチケットが。
 「ロード・オブ・ザ・リング」、でも映画の半券じゃなくて、よく見たら2004年の「ロード・オブ・ザ・リング」のオーケストラ・コンサートのチケットでした。

 そういえば、「王の帰還」公開の後にこのコンサートがあって、国際フォーラムに初めて行ったのよねと懐かしくなってしまいました。
 ああ、レゴラス、フロド、執政一家(ボロミア、ファラミア、デネソール)、アラゴルン、ガラドリエル様、エオウィン、セオデン王、ガンダルフ、サム、メリー&ピピン、ゴラム、エルロンド…ああ、顔を思い出してくる。懐かしいなあ。
 本当に大好きだったなあ。

 アカデミー賞11部門受賞は生中継で見て泣きました。
 でもその時「王の帰還」はまだ日本未公開でした。

 オーリー・レゴラス、美しかった。最強だった。パソコンの壁紙もレゴラスでした。
 DVDのメイキング見て、乗馬の練習するオーリーがあまりにカッコよくて、一人できゃあきゃあ言っていったけ。愛馬にキスするオーリーに、「馬になりたい!」と叫んでいました。ああ、若かったのね…
 DVDの隠し映像(たしかディレクターズ・カット版のみ)、簡単に見つかって(ネットで調べればすぐに分かります。どれも入り口同じなので)、くだらなすぎて笑ったっけ。

 「ロード・オブ・ザ・リング」のオーケストラ・コンサート、けっこうオタクなムードで(笑)、耳をすませばマニアックな会話が聞こえてきました。その頃「ヴァン・ヘルシング」の公開でファラミア役のデヴィッド・ウェンハムが来日していて、このコンサートにゲストでくればいいのにとか。
 でもみんな「指輪」が本当に好きそうでした。
 もうあんなふうに「指輪」好きが集まることってないんだろうな。オタクなイベントはもしかしてあるのかもしれないけれど、私はそこまで極めないミーハーファンだったからなあ。

 三部作最後の「王の帰還」が終わった時の喪失感はものすごく、もうこれ以上夢中になれるものはないのではと思ったものでした。
 その同じ秋、フィギュアスケートのNHK杯でジョニー君が来て、フィギュアスケートにまたはまったけれど(プルさんがNHK杯に来なくなってから少し冷めていた)。

 お盆休みに三部作をディレクターズ・カットで見直そうかな。
 久しぶりに原作読み返そうかな。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。