アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブロンズの天使8 椿姫


プーシキン夫人ナターリア


 flowers10月号、『ブロンズの天使』がないと、やはり物足りないわ。ダンテスに会いたい(笑)

 忙しくてなかなか文章が書けない。
 ナターリアの肖像画を見ていて思いましたが、ナターリアは『椿姫』のヒロインに似ているような気がします。デュマ・フィスの小説ではマルグリット、ヴェルディのオペラではヴィオレッタに。

 『椿姫』、ヴェルディのオペラのタイトルは“La Traviata(ラ・トラヴィアータ)”、直訳すると“道を踏み外した女”。
 “道を踏み外した女”というのは彼女が高級娼婦だったからだと思いますが、でも物語は真実の愛に目覚めた女性の物語なのです。ナターリアっぽいかも。

 娼婦はフランス語でココット。『ブロンズの天使』で、プーシキンがナターリアにコケットリー(なまめかしい仕草)をしてはいけないよというシーンがありますが、このコケットリーの語源が“ココット”なのです。“コケティッシュ”も同じです。

*** COMMENT ***

こんにちは!
サンドラさんは今月号のフラワーズ買われたのですね。
私は買いませんでした、ブロンズがお休みなので(笑)
最近、さいとうちほさんの漫画を読んでます!
今のところ、「花冠のマドンナ」「花音」がお気に入りです♪
(チェーザレ、三神さん好き~♪)
ダンテスさまといい、当て馬(?)男性がすっごく魅力的ですね~
サンドラさんは何がお好きですか?
またお勧めがあれば教えて下さいね!

私のお奨めは…

ナタリーさん、こんばんは。
flowers10月号、やはりブロンスがないと淋しいです。
でも『7SEEDS』の続きが気になって…(笑)

『花冠のマドンナ』、大好きです。しかもチェーザレが大好きでした。好みが似ていますね。
『花音』も良かったです。

そしてさいとう先生の私のお奨めはなんといっても『円舞曲(ワルツ)は白いドレスで』です。
ブロンズとちょっとキャラクターがかぶっています。
ダンテスがお好きなら、きっと鬼堂院正臣さんが気に入られますよ。白い軍服の貴公子で、素敵なクールビューティでした。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。