FC2ブログ

アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

『その日のまえに』

 半分愛してください
 のこりの半分で
 だまって海を見ていたいのです

 半分愛してください
 のこりの半分で
 人生を考えてみたいのです

 寺山修司の詩『半分愛して』です。
 私の場合は、海ばかり見ているような気がしますが、それでもふと人生を考えることもあります…、考えざるをえない時も必ずあるということも知っています。
 結局は幸せなんだろうなあ。いろんな楽しみが未来にあること。健康であること。
 久々にいろいろ考えてしまうのは、『永遠の仔』を思い出したからかな。

 重松清著『その日のまえに』。読んでから2ヶ月以上経ってしまいましたが。
 『永遠の仔』を紹介してくれたTBS『王様のブランチ』で、とても評判がよかったので、読んでみましたが、良かったです。
 タイトルの“その日”とは、死を迎える日のことです。自分、もしくはもっとも身近な家族──伴侶や母親の“死”について描いた物語を集めた、短編集です。
 ただし“その日”を描いているのは、たった一編だけで、あとは“その日のまえ”と“その日のあと”の物語です。
 考えたくないから、考えないけれど、もし自分が、もしくは母や妹など、身近な家族が半年の命と知ったら、すべてが崩壊してしまうような気がします。今のように映画やバレエや本が、何ヵ月後の公開、公演、発売…、そのころどうしているんだろうと考えるとつらいだろうなと、“その日”がずっと前にいる私は、杞憂してしまいます。
 この本の中でもつらかったり、せつなかったりするのは、“その日のまえ”の人たち。
 “その日”はあっという間、“その日のあと”は意外にも穏やかです。

 重松さんは多くの男性作家と同じく女性を描くのはあまりよくありませんが、男性は少年から中年男性まで、感情移入できるし、家族や友人のように愛しくなってしまいます。
 よせばいいのに、電車の中で読んだら、お父さんが小学生の息子二人に、お母さんが死ぬことを告げる場面で、不覚にも涙してしまいました。お父さんはつらいので、お酒を飲みながら話すんだけれど、お兄ちゃんの方が「酒なんか飲むなよ!ちゃんと言ってよ!ひきょうなことしないでよ!」って。子どもはお酒に逃げられないんだなあ…とお父さんが思うのが、せつなかった。
 こういう場面で、いまだに私が感情移入してしまうのが子どものほう。12歳以下から、ずっと離れた今も…。でもお父さんも愛おしいのです。
 最後の「その日のまえに」「その日」「その日のあとで」は、注意しないと分かりにくいのですが、全七編のうちの、すべての物語が集結しています。それでも人生は美しいし、生きていかねばと思いました。


 …“その日”がずっと先と思っている私が、海を見ながら考える。

 薔薇が咲きみだれる頃、ベッドに横たわる私に、オーランド・ブルームが手を取り、「君なしでは生きていけない!」とポロポロ美しい涙を流す。おお、許して。愛しているわ。BGMはボーイズ・エアー・クワイア歌うフォーレのレクイエム(生歌)。しかもソロはコナー・バロウズ、ピアノ伴奏はマキシムで。歌に合わせて、ウラジーミル・マラーホフが美しいバレエ、ジョニー・ウィアー君が美しいフィギュアスケートを見せてくれる。そこへボッティチェリの描く美しい天使が現れ、その中心にいるのは、今は亡きフランスの貴公子ジェラール・フィリップ様!


 風立ちぬ いざ生きめやも

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク