アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェッジウッド: フィギュリン ヘンリー8世と6人の妻たち

 ウェッジウッドのフィギュリンで、とても素敵なシリーズを見つけました。
 イングランド王、ヘンリー8世と彼の6人の妻達のフィギュリンです。

 イングランド国王ヘンリー8世

ヘンリー8世


 ヘンリー8世(Henry VIII, 1491年6月28日 - 1547年1月28日)は、テューダー朝のイングランド王です(在位:1509年4月22日(戴冠は6月24日)- 1547年1月28日)。エリザベス1世の父でもあります。
 文武両道に優れ、容姿端麗と、優れた王でしたが、王子に恵まれないこともあり、結婚と離婚を繰り返し、6人の妻を得ました。最初は敬虔なカトリック教徒でしたが、王子を生めない王妃との離婚を認めないカトリックと袂をわかち、1535年英国国教会を創立、宗教改革を成し遂げました。

ヘンリー8世
ウェッジウッド フィギュリン「ヘンリー8世」


 【ヘンリー8世の6人の妃たち】

 1.キャサリン・オブ・アラゴン(Catherine of Aragon, 1487年 - 1536年):1509年結婚、1533年離婚。

キャサリン・オブ・アラゴン


 スペイン王女で、最初はヘンリー8世の5歳年上の兄で病弱なアーサー王太子の妃となりましたが、結婚から半年でアーサーは亡くなります。そしてヘンリーが王位についた時に再婚します(ヘンリー18歳、キャサリン24歳)。
 キャサリンはヘンリーより6歳年上でしたが、スペイン王女という高い身分、敬虔なカトリック教徒、知的で上品な貴婦人で、優れた王妃でした。
 けれど、ヘンリーとの間に6人の子どもを生みますが、死産、流産、幼くして死亡と、生き残ったのは王女1人、後の女王メアリー1世のみでした。
 キャサリンが42歳、ヘンリー王が36歳になると、ヘンリーは世継ぎのことが心配となります。キャサリンの侍女アン・ブーリンとの結婚を考え始め、キャサリンとの離婚を決意しました。
 1533年、キャサリンはヘンリーから結婚の無効を突きつけられ(カトリックで兄弟の妻との結婚は本来認めあられず、2人の結婚は教皇からの特別な免除だった)、キャサリンは断固として離婚を拒否し続けましたが、無理矢理王妃の座を追われ、宮中を追放、一人娘のメアリーは庶子とされ、会うことも許されなくなります。
 1534年5月、キムボルトン城へと移送されたキャサリンは、1536年1月7日に亡くなります。死因は癌、心臓病、または毒殺とも、はっきりしていません。

キャサリン・オブ・アラゴン>
ウェッジウッド フィギュリン「キャサリン・オブ・アラゴン」


 2.アン・ブーリン(Anne Boleyn, 1507年? - 1536年):1533年結婚、1536年離婚

アン・ブーリン


エリザベス1世の母。元はキャサリン・オブ・アラゴンの侍女で下級貴族の娘。美人ではなかったようですが、印象的な黒い瞳の女性だったようです。
 王が彼女に恋心を抱くようになった時、「Queen or nothing(王妃になるか、すべてをご破算にするか)」と言ったと伝えられています。
 この言葉に火が付き、キャサリン王妃との離婚を王を考えますが、キャサリン王妃は頑なに拒み、教会からも許しが貰えず、そんな時にアンが妊娠、王はキャサリンと無理矢理離婚し、1533年6月アンが王妃となります。キャサリン王妃が国民に人気があったこともあり、戴冠式はかなり非難轟々だったようです。
 王妃になった3ヵ月後、1533年9月7日、王女エリザベスを出産。けれど王子を望んでいたヘンリー王は失望し、次第に愛情は薄れていき、今度はアンの侍女の一人ジェーン・シーモアへと心移りしてしまいます。
 アンはようやく王子を見もごりますが流産。その後、不義密通やメアリー王女暗殺未遂を含める反逆罪に問われ、ロンドン塔で斬首刑にされました。
 わずか1000日ほどの祝福されない王妃でしたが、彼女の残した娘エリザベス1世がイギリスの栄光を作り上げ、アン・ブーリンの名が歴史に残るのです。

アン・ブーリン
ウェッジウッド フィギュリン「アン・ブーリン」


 3.ジェーン・シーモア(Jane Seymour, 1509年? - 1537年):1536年結婚、1537年死去

ジェーン・シーモア


 エドワード6世の母。元はアン・ブーリンの侍女。ヘンリーの後継者となるエドワードを出産したが、産褥熱により死亡します。ヘンリー王の男児としてたった一人成長したエドワード6世でしたが、9歳で即位後、15歳の若さで亡くなります。

ジェーン・シーモア
ウェッジウッド フィギュリン「ジェーン・シーモア」


 4.アン・オブ・クレーヴズ(Anne of Cleves, 1515年 - 1557年):1540年結婚、同年離婚

アン・オブ・クレーヴズ


ユーリヒ=クレーフェ=ベルク公ヨハン3世の娘。ヘンリー8世と結婚後6ヶ月で離婚。
肖像画があまりにも美化されていたため、初対面時にヘンリーが激怒したというエピソードが残されています。

アン・オブ・グレーズ
ウェッジウッド フィギュリン「アン・オブ・クレーヴズ」


 5.キャサリン・ハワード(Katherine Howard, 1521年? - 1542年):1540年結婚、1542年離婚

キャサリン・ハワード


 アン・ブーリンの従妹。結婚1年半後に反逆罪で刑死。

キャサリン・ハワード
ウェッジウッド フィギュリン「キャサリン・ハワード」


 6.キャサリン・パー(Catherine Parr, 1512年? - 1548年):1543年結婚、1547年夫と死別

キャサリン・パー


 学識高く、メアリ、エドワード、エリザベスの教育係も務めた。結婚3年半目にヘンリーと死別。

キャサリン・パー
ウェッジウッド フィギュリン「キャサリン・パー」

テーマ:ドール - ジャンル:趣味・実用

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。