アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使が通る時(2)

 先日書いた「天使が通る時」で、本と絵画について書いたけれど、映画なら『ベルリン・天使の詩』を思い出します。

 まだ東西ドイツの、壁のある西ベルリンに現れた、中年男性の姿をした天使。子どもの何人かが気付くだけで、ほとんどの人にその姿は見えない。
 ざわざわと聞こえてくるのは、人の中に潜む暗い声。地下鉄で、事故現場で。天使が通り過ぎる時、聞こえる一番絶望的な声の人に天使が触れると、絶望的な声が少しずつ希望や安らかな声に変わっていく。

 容姿的にはあまり天使っぽくはないけれど、映画の中の天使の中で一番印象的な天使。


西ベルリン 天使登場シーン


地下鉄で

テーマ:ヨーロッパ映画 - ジャンル:映画

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。