アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリー・アントワネット物語展

 横浜のそごう美術館で開催されている「マリー・アントワネット物語展」に行ってきました。
 特にすごい展示物はありませんが、こじんまりとした美術展の良さがあり、なかなか楽しかったです。
 公式HP
マリー・アントワネット物語展

 こちらが最大のメイン、ヴィジェ・ルブランの「マリー・アントワネットの肖像」、さすがにかわいいですね。



マリー・アントワネット物語展

 そしてこちらはコンシェルジュリーの牢獄から、処刑場に向かうアントワネットの絵画。
 亡くなってから100年後くらいに描かれた絵画ですが、これはかなり大きい作品で、見ごたえがありました。

 その他、プチ・トリアノン等で家具や壁紙で使われた生地の再現したものも、地味ながら良かったです。
 草花をモチーフにした、自然をテーマにしたものが、アントワネットは好きだったようです。


 そして、当時の衣装を再現したお部屋は写真OKなので撮ってきました。

マリー・アントワネット物語展


 この衣装は、ヴィジェ・ルブランが描いたこの2枚の絵の衣装を再現したそうです。

マリー・アントワネット物語展
※ この絵は来ていません。


 さて、肖像画では分からない衣装の後ろはどうなってるんでしょ。


マリー・アントワネット物語展

 こんな感じでした!
 フラッシュをたいたらいけないので薄暗くてすみません。


マリー・アントワネット物語展

 こちらはシュミーズ・ドレス。
 体をあまり締め付けないし、軽いので、アントワネットはお気に入りで、プチ・トリアノンでもよく着ていたようです。

マリー・アントワネット物語展
※ この絵は来ていません。

 後ろはこんな感じです。

マリー・アントワネット物語展



 その他のドレス。

マリー・アントワネット物語展
イギリス風


マリー・アントワネット物語展
「フィガロの結婚」に出てきそう。
刺繍がすてきでした。


マリー・アントワネット物語展
レースのケープに、大きなピンクのリボン。
こちらもかわいかったです。


 それから当時のかつらの再現も2つほどありました。
 こちらは頭に船がのっているかつら。


マリー・アントワネット物語展

 このかつら、学芸員さんが「かぶってみますか?」とかぶらせてくれました。
 これが一番楽しかったかも!

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。