アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルキノ・ヴィスコンティ演出 舞台『あわれ彼女は娼婦』

 Twitterで教えていただきましたが、ルキノ・ヴィスコンティ監督演出、アラン・ドロン&ロミー・シュナイダーの主演の『あわれ彼女は娼婦』の動画がありました。
 ジョン・フォードの戯曲『あわれ彼女は娼婦』は英語ですが、こちらはフランス語です。




 アラン・ドロンの舞台を見るのは初めて、しかもびらびら17世紀の華やかなコスチュームがとっても新鮮でした。
 ドロンは『太陽がいっぱい』ほか現代物のイメージが個人的に強かったので、タキシード姿で舞踏会の『山猫』を初めて見たときも衝撃だったのですが(似合ってました)。
 調べたところ、舞台『あわれ彼女は娼婦』は1961年。ヴィスコンティ監督、ドロン主演の『若者のすべて』
、ドロンの代表作『太陽がいっぱい』が共に1960年公開でした。

若者のすべて【HDニューマスター版】 [DVD]若者のすべて【HDニューマスター版】 [DVD]
(2010/09/25)
アラン・ドロン、レナート・サルヴァトーリ 他

商品詳細を見る


山猫 [DVD]山猫 [DVD]
(2011/09/24)
バート・ランカスター、アラン・ドロン 他

商品詳細を見る


 『あわれ彼女は娼婦』は兄妹の近親相姦を題材にした17世紀の英国の戯曲。ヴィスコンティ監督が4年後に撮るクラウディア・カルディナーレ主演『熊座の淡き星影』(1965)に通じるものがあります。こちらは姉弟の近親相姦をほのめかした退廃的で美しい作品でした。

熊座の淡き星影 [DVD]熊座の淡き星影 [DVD]
(2006/06/24)
クラウディア・カルディナーレ、ジャン・ソレル 他

商品詳細を見る


 若い頃のロミー・シュナイダーも可憐で素敵。もちらおん彼女の舞台を見るのは初めてです。
 ロミー・シュナイダーが若き皇妃エリザベートを演じたのが1956年。その頃の可愛らしさとが残っています。そして後々まで続く気品。ロミーが再びエリザベートを演じたヴィスコンティ監督の『ルートヴィヒ』(1972)は美しさだけでなく威厳も漂っていました。
 ロミー・シュナイダーをヴィスコンティがとても可愛がっていたのは本で読み知っていましたが、映画では『ルートヴィヒ』しか知らなかったので(ドロンの寵愛ぶりは『若者のすべて』『山猫』で分かりますが)、この動画で、改めてドロン、ロミー、ヴィスコンティのつながりを見ました。

エリザベート ロミー・シュナイダーのプリンセス・シシー [DVD]エリザベート ロミー・シュナイダーのプリンセス・シシー [DVD]
(2009/02/13)
ロミー・シュナイダー、カール=ハインツ・ベーム 他

商品詳細を見る


エリザベート2 若き皇后 [DVD]エリザベート2 若き皇后 [DVD]
(2010/07/23)
ロミー・シュナイダー

商品詳細を見る


エリザベート3 運命の歳月 [DVD]エリザベート3 運命の歳月 [DVD]
(2010/07/23)
ロミー・シュナイダー

商品詳細を見る


ルートヴィヒ 復元完全版 デジタル・ニューマスター [DVD]ルートヴィヒ 復元完全版 デジタル・ニューマスター [DVD]
(2006/07/29)
ヘルムート・バーガー、ロミー・シュナイダー 他

商品詳細を見る

テーマ:ヨーロッパ映画 - ジャンル:映画

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。