FC2ブログ

アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

ブロンズの天使4 「あなたの本当の姿がみたい」



あなたの本当の姿がみたい
プーシキン氏もあなた自身も
まだ見たことのない──
それをみたい


 おすまし気味の表情が多いナターリアの肖像の中で、この絵のナターリアの目はとても印象的です。
 ジョルジュ・ダンテスのことも、こんな熱い眼差しで、見つめたのでしょうか。
 
 「あなたの本当の姿がみたい」は、ある舞踏会で、ダンテスがナターリアに言ったセリフ。なんてキザなのでしょう!すすがおフランスの貴公子。

 ナターリアの姉エカテリーナがダンテスに恋していることを知ったナターリアは、その恋を応援するため、舞踏会でダンテスを探しまわります。
 やっと会えたダンテスは失恋したばかりということもあってご機嫌斜め。最初ナターリアはは無視までされているし…。それでも友達になろうと不器用に話すナターリアを見て、「あなたは恋すらしたことがない?」と笑われてしまいます。一応同い年なのに(22歳)…。
 この後、折りよく登場したエカテリーナをダンテスに紹介するナターリアを見て、ダンテスはその目的に気付いてしまいます。

 その後、サロンでの演奏会が始まる直前、ナターリアにダンテスが囁いたのが「あなたの本当の姿がみたい」。
 そして始まった演奏会で流れる、美しい愛の歌(詩はプーシキンというのが皮肉)。ふと絡み合う眼差しと眼差し。
 フランコ・ゼッフィレッリ監督の『ロミオとジュリエット』の中で、ロミオとジュリエットが出会ったキャピュレット家の仮面舞踏会を思い出しました。
 その頃ロミオは年上の美女ロザラインに片思いしていたのに、この時、真実の恋に目覚めて、一方ジュリエットの方は完全に初恋で。



 社交界の花同士の、ナターリアとダンテスが、16歳と13歳のロミオとジュリエットの恋のように、本当に初々しくて…。
 でもこの頃は、まだお互いの気持ちに気付かないのが、またなんともどかしい…。

 ↑上の『ロミオとジュリエット』の手と手を合わせるシーン。
 「Flowers」6月号(2005年)で、ナターリアとダンテスが初めて踊るシーンを思い出しました。

 手から お互いを感じ合う
 心をひらいて そっと
 優しく 心を合わせて…
 素直に…

 ああ、なんてロマンチックなのかしら。
 映画の『山猫』の世界…。
 『山猫』、もうすぐDVDが出ます。
 
 それから、いない…とは思いますが、「Flowers」のバックナンバーは、こちらより購入できます。
 『ブロンズの天使』3巻は7月26日、発売予定だそうです。今回の表紙はナターリアとダンテスだといいなあ。裏表紙は、1巻がナターリア、2巻がプーシキンなので、3巻はダンテスよね。4巻はニコライ1世と予想しています。

※   ※   ※   ※
 
 ネットで見つけたナターリアの素敵な画像↓。
 もしかしてロシアで、映画かドラマがあったのかしら?
 見てみたいです。



 おまけ
 『ブロンズの天使』 妄想フランス映画キャスト
 ナターリア:エマニュエル・ベアール
 プーシキン:ジャン・ユーグ・アングラード
 ダンテス:ヴァンサン・ペレーズ

 ただし、このキャスト、俳優達が12年くらい前のイメージです。
 『インドシナ』のヴァンサン・ペレーズ、美しかったなあ。『ベティ・ブルー』のジャン・ユーグ・アングラードも好きでした。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク