アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しい挿絵: 『雪の女王』の薔薇

 HPのトップに飾ったロシアの画家、Vladislav Erkoのアンデルセン童話『雪の女王』の挿絵の1枚です。

Vladislav Erko 「雪の女王」
Vladislav Erko 『雪の女王』

 バラのアーチに囲まれ、少年少女が本を読んでいる、とても素敵な絵画です。

 小さい頃、この物語を読んだ時は気付きませんでしたが、この物語ではバラが重要な役割を果たしています。
 タイトルには冷たい“雪”が入っていますが、実は愛の象徴“薔薇”の物語なのです。

 少女の名はゲルダ、少年の名はカイ。
 2人の家は屋根と屋根がくっつき合うように建っていて、両親はそれぞれの窓の外に大きな木の箱を置いて、野菜と小さなバラを植えました。
 その2つの箱を雨どい越しに縦につなげて置いたところ、窓から窓へ、二軒の間に花の壁が出来て、まるで緑の葉と花のアーチのようになったのです。
 バラのアーチの下で、幼い少年少女は小さな椅子を出して遊びました。

 Vladislav Erkoの絵でも、屋根と屋根をつなぐ椅子(棒?)に子どもたちが座っています。 
 アーサー・ラッカムもこのまた情景を絵にしています。

アーサー・ラッカム「雪の女王」
アーサー・ラッカム 『雪の女王』

 2人は知りませんでしたが、ある悪魔が作った、不思議な鏡が割れ、世界中に飛び散っていたのです。
 そしてある日、そのかけらがカイの目に入ってしまい、カイは急に冷たい人間になってしまいます。
 そしてそんなカイを、雪の女王が連れ去ってしまいます。

 そしてゲルダはカイを探すため、旅に出るのです。

 ゲルダは旅の間にさまざまな人と出会いますが、その1人が魔法使いのおばあさんです。
 おばあさんの庭はたくさんの花が咲き乱れる花園でした。
 そして一人ぼっちのおばあさんは、ゲルダを気に入り、手元に置きたいと思います。そしてゲルダがカイのことを忘れるようにと、2人の思い出の花であるバラの花を隠してしまいました。

 ゲルダは美しい花園に何か一つだけ足りないような気がしてなりませんでした。
 けれどもそれが何か分かりませんでした。
 ところがある日、おばあさんの帽子についたバラの花を見て思い出したのです。

「そうだわ。バラがないんだわ」

 ゲルダは庭へ駆け出していって、懸命に探しましたが、バラは一本も見つかりませんでした。
 ゲルダはしゃがみこんで、泣き出しました。
 熱い涙が地面に吸い込まれていきました。すると、そこからバラの木が勢よく生えてきたのです。
 ゲルダはバラを抱きしめて、キスをしました。
 すると、家の窓辺に咲いていた美しいバラのことを思い出し、カイのことを思い出したのです。

 ゲルダはおばんさんの家を旅立ちます。

エドマンド・デュラック「雪の女王」
エドマンド・デュラック 『雪の女王』

 ゲルダは旅を続け、様々な人と出会い、がやっと雪の女王の城にたどりつきます。
 そしてカイを見つけ、名を呼びますが、カイの体は冷え切っていて、じっと座ったままピクリとも動きませんでした。
 ゲルダは泣きはじめ、熱い涙がカイの胸に落ち、そのまままっすぐ心臓まで染み通ります。そして、それはカイの氷の塊を溶かし、そこに刺さっていた鏡のかけらをも溶かしたのです。

 カイはゲルダを見つめました。

 ゲルダは歌を歌いだします。
“バラが咲き乱れる谷よ
 その谷へ行けば、神の子に会える、そう、きっと”

 その歌を聴いたとたん、カイはわっと泣きはじめました。
 涙が次から次へと溢れ出し、とうとう目に入っていたかけらを洗い流したのです。

カイ・ニールセン「雪の女王」
カイ・ニールセン 『雪の女王』

 改めてこの物語、多くの素晴らしい画家が挿絵を描いています。
 それぞれの“薔薇”が美しいです。

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

*** COMMENT ***

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。