アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スイスの絵本画家 クライドルフの世界』 横浜

 『スイスの絵本画家 クライドルフの世界』が横浜のそごう美術館で1/30(水)~2/24(日)の期間、開催されます。
 2012年6月~7月に渋谷Bunkamuraで開催された美術展の巡回、横浜が最後になります。

 『スイスの絵本画家 クライドルフの世界』
 そごう美術館(横浜) 2013/1/30(水)-2/24(日)
 公式HP


クライドルフ


 スイス出身の画家エルンスト・クライドルフ(1863-1956)の描く、植物、花、虫の妖精たちは、シシリー・メアリー・バーカーやエルサ・ベスコフの描く愛らしい花の妖精に比べると、素朴でリアルで、妖精たちはスイスの村の普通の子どもから老人のように、それぞれ日常生活を送っています。


クライドルフ


 花や虫のリアルさは、自然を熱心に観察する少年の眼差しを感じます。華やかできれいなものだけでなく、目立たない植物や、少しぞっとするような虫まで、クライドルフの本ではちゃんと市民権を与えられ、素朴で、とぼけた味わいもあります。自然への少年のような眼差しは、作家のヘルマン・ヘッセと似ているなと思ったら、ヘッセもクライドルフの絵が好きだったそうです。


クライドルフ


クライドルフ


 彼の代表作である『花のメルヘン』『アルプスの花物語』『花を棲みかに』は残念なことに日本では絶版、洋書でも手に入りにくい状態です。
 クライドルフの絵画の原画、それもこんなにたくさん見られることはもうないかもしれません。
 行く事のできる方はぜひぜひお勧めします。


クライドルフ


 このブログや私のHPを訪れてくださる方はやはり女性が多いのでしょうね。
 昆虫はやはり苦手な方が多いのでしょうか。

 実は私は昆虫が好きです。


クライドルフ

 全く詳しくはなく、触ると皮膚がかぶれてしまうよう毛虫は嫌いですが。でも一生懸命、葉を食べる青虫やカイコは好きです。うんしょうんしょと一生懸命歩く姿も好き。
 夏休みに、偶然見つけた、蝉のサナギが孵化する様子も、本当に素晴らしかった。
 カブトムシもクワガタももちろん大好きです。


クライドルフ

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。