アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンジェラ・バレット 「絵本 アンネ・フランク」

 アンジェラ・バレットの日本で入手しやすい絵本の1冊。
 『アンネの日記』で知られる、アンネ・フランクの生涯を、分かりやすく絵本にした作品です。

絵本 アンネ・フランク絵本 アンネ・フランク
(2005/04)
ジョゼフィーン プール

商品詳細を見る

 昨年の1月末に、オランダ・ベルギーを旅行しましたが、オランダのアムステルダムで、アンネの隠れ家も訪れたので、今は家具などない“隠れ家”は、こんなだったろうなと興味深く読めました。

 図書館で本を消す時、司書さんが確認のためパラパラと中を見るのですが、この本を借りて返した時、女性の司書さんは中身を確認して返却が終わった後、ふと見ると、この本を興味深そうにもう一度見ていました。テーマは重いものの、綺麗で印象的なな挿絵です。

アンジェラ・バレット 「絵本 アンネ・フランク」

 生まれたばかりのアンネを見つめるお姉さんのマルゴット。
 強制収容所で、チフスで姉妹揃って、19歳と15歳で亡くなるなんて、誰が想像したでしょうか。


アンジェラ・バレット 「絵本 アンネ・フランク」

 隠れ家のアンネの部屋。
 昨年訪れた時、隠れ家には家具は何も残っていませんでしたが(隠れ家の入り口となる本箱は再現されていました)、アンネの部屋の壁だけは、当時そのまま、アンネが貼り付けたと思われる、映画スターのポートレートや天使のカードが貼り付けてありました。
 アンネの部屋は六畳くらい?の広さでしょうか(もっと幅は狭かったかも)、確かこの部屋にフリッツ・プフェファー歯科医師も同居することに。女の子としては嫌だったでしょうね。


アンジェラ・バレット 「絵本 アンネ・フランク」

 アンネと淡い恋に落ちるペーターの屋根裏部屋への階段は、今はのぼれないように、プラスチックの窓で覆われてています。ぼけっとしていた私はのぼろうとして、おもいっきりプラスチックの窓にぶつかってしまいました。
 どこかでそれを見たアンネが笑っていたかもしれません。

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。