アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒルダ・ファン・ストックム作・絵 『楽しいスケート遠足』

 80年前のオランダが舞台の、物語も挿絵も楽しくてあたたかい、元気いっぱいの、とても素敵な児童文学です。
 何気なく見つけた、掘り出し物のとても素敵な本です!

楽しいスケート遠足 (世界傑作童話シリーズ)楽しいスケート遠足 (世界傑作童話シリーズ)
(2009/10/30)
ヒルダ・ファン・ストックム

商品詳細を見る


 オランダで子ども時代を過ごした、オランダとアイルダンドの血を引く女流作家ヒルダ・ファン・ストックムさん(1908-2006)が1934年にアメリカで出版した作品です。可愛らしい挿絵もすべてストックムさんが描かれています。

ヒルダ・ファン・ストックム『楽しいスケート遠足』
オランダ国歌を手をつないで歌う先生と16人の生徒、農家の少年チェルク。


 カラーの絵は、子どもたちの生き生きした姿と、素朴で活気ある村の人々を描いています。いくつかの絵は16世紀のオランダ(当時はネーデルラント)で活躍したピーテル・ブリューゲルが描いた農村の人々を思い出します。


ヒルダ・ファン・ストックム『楽しいスケート遠足』


 オランダの小さな村エルスト、本格的な冬がやってきます。運河や水路はみんな凍りつき、川に“氷の道”ができます。
その氷の道をつたって、小学校のひとクラス16人の子どもたちが、先生に引率されて遠くの町まで一日がかりのスケート遠足に出かけるお話です。
 オランダの子どもたちは歩けるようになるとスケートをするほどスケートとは馴染み深かったそうです。当時のスケート靴は靴にエッジ(刃)を靴に紐でくくりつけたような簡単なもので、始めたばかりの子は、下の絵のように氷の上に椅子を置いて、それにつかまってすべる練習したそうです。

ヒルダ・ファン・ストックム『楽しいスケート遠足』

 中心人物は双子の兄妹、わんぱくな少年エベルトとちょっとお転婆なアフケ、それに転校生でおとなしい少年シモン、みんな3年生です。

ヒルダ・ファン・ストックム『楽しいスケート遠足』

 氷の道の遠足は女の子たちはポールという棒につかまって先生を先頭に一列で。男の子たちは1人か仲の良い子と2人で。
 表紙にもなっているポールにつかまって1列で行く7人の少女たちがかわいいです。最後尾は女の子か転ばないようリードするため少年オッケ。村長の息子ヤンと共にエベルトの親友です。


ヒルダ・ファン・ストックム『楽しいスケート遠足』


 昨年ちょうどオランダに旅行に行ったので、風車の名所キンデルダイクを思い出しました。
 1月の旅行でしたが雪はなかったのですが、物語によると、一番寒い時期には風車につららが下がるそうです。
 それから木々、手前にある木が一番分かりやすいと思います。木の太い枝を切ると、細い枝がこんな風に上からびょんびょん伸びてきます。


 生徒達が氷の道をすべっていくと、つららの下がった風車や冬木立、すべりやすいように氷を履く氷掃きのおじさんを見かけます。たくさんの人が行き交い、途中に屋台があり、休憩して温かいココアとお菓子をいただきます。コルスチェというスパイスのきいいたオランダのケーキだそうです。


ヒルダ・ファン・ストックム『楽しいスケート遠足』


 やんちゃなエベルトは割れた氷に落ちてしまい、転校生シモンに助けられます。

ヒルダ・ファン・ストックム『楽しいスケート遠足』

 そして親切な農家で、温まり、服を貸してもらい、生徒たちは親切な農家のおばさんから「雪のパンケーキ」をごちそうになります。

ヒルダ・ファン・ストックム『楽しいスケート遠足』

 物語に出てくる食べ物、飲み物、お菓子はどうしてこんなにおいしそうなのでしょう。


ヒルダ・ファン・ストックム『楽しいスケート遠足』


 この後、他校の子どもたちとの雪合戦、エベルト、ヤン、オッケ、シモンの男の子4人が起こす小さな事件。
 男の子たちには、少しケストナーの『飛ぶ教室』や『エーミールと探偵たち』を思い出します。
 先生も、子どもと一緒に、笑ったり驚いたり、雪合戦に参加したり、事件が起こっても怒るより心配したり、すごくいい人。

 冬のたった1日がこんなにも楽しいことがたくさんあるんだなと、きらきらとした子どもの1日を一緒にわくわく、どきどき楽しめました。
 こういう幸せな気持ちになれる児童文学が大好きです。

ヒルダ・ファン・ストックム『楽しいスケート遠足』

 美しい絵の数々。
 オランダにはこういう風景が今も残っています。背の高い同じ高さの屋根が連なる美しい家々、中世風の水門、ゴシック風の教会。
 旅行に行った母にこの本を貸してあげたら、「こんな風景見たね」と、やはりとても気に入って一気に読んでしまいました。

ヒルダ・ファン・ストックム『楽しいスケート遠足』



ヒルダ・ファン・ストックム『楽しいスケート遠足』



ヒルダ・ファン・ストックム『楽しいスケート遠足』



ヒルダ・ファン・ストックム『楽しいスケート遠足』

 

テーマ:児童書 - ジャンル:本・雑誌

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。