FC2ブログ

アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

ジェーン・オースティン記念切手 絵:アンジェラ・バレット

 英国の女流作家、ジェーン・オースティンの記念切手が、2月21日にイギリスで発売されました。彼女の代表作『高慢と偏見』の出版から200年を記念して英国ロイヤルメールからの発行です。
 切手はオースティンの長編全6作品『高慢と偏見』『分別と多感(いつか晴れた日に)』『マンスフィールド・パーク』『エマ』『ノーサンガー僧院(ノーサンガー・アベイ)』『説得(説きふせられて)』で構成されています。
ジェーン・オースティン記念切手

 切手の絵画を担当したのは英国の女流画家、アンジェラ・バレット。
 何度かブログに書いていますが彼女の絵本『美女と野獣』『雪の女王』などが大好きで、しかも大好きなジェーン・オースティンの小説の絵!見ることができてとても嬉しいです。


高慢と偏見
『高慢と偏見』



分別と多感(いつか晴れた日に)
『分別と多感(いつか晴れた日に)』



マンスフィールド・パーク
『マンスフィールド・パーク』



エマ
『エマ』



ノーサンガー僧院(ノーサンガー・アベイ)
『ノーサンガー僧院(ノーサンガー・アベイ)』



説得(説きふせられて)
『説得(説きふせられて)』


関連記事:
ロイヤルドルトン: フィギュリン「高慢と偏見」「エマ」
アンジェラ・バレット 『雪の女王』
アンジェラ・バレット 「絵本 アンネ・フランク」
アンジャラ・バレット挿絵 「美女と野獣」
アンジェラ・バレット挿絵 「バレエ物語」

テーマ:海外小説・翻訳本 - ジャンル:小説・文学

*** COMMENT ***

お久しぶりです

サンドラさん、こんにちは。

ご無沙汰しております。

いつも素敵な絵を、家に居ながらにして楽しませていただいています。

ジェーン・オースティンの小説が切手になっているんですね。
パステルカラーの淡々とした印象が、
静かに小説のワンシーンに魂を引き込んでくれますね。

私は、Sense and Sensibility の映画がお気に入りなので、
この切手が欲しくなってしまいました。

お久しぶりです!

primaveraさん、お久しぶりです!
お返事が遅くなり申し訳ありません。
またいらしてくださり、とても嬉しいです。

ジェーン・オースティンの切手素敵ですよね。
「分別と多感」、私も大好きです。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

12 ≪│2020/01│≫ 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク