アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HP更新

 間が空いてしまいましたが、HPのオフィーリア特集を更新しました。
 有名な「尼寺へ行け!」に行くまでの“ハムレットとオフィーリア”を1ページ追加。その他のページも、絵を追加したり、絵のサイズを大きくしました。

G. Demain Hammond ハムレットとオフィーリア


 トーマス・フランシス・ディクシーのオフィーリア。

トーマス・フランシス・ディクシー 「オフィーリア」

 いくつかオフィーリアの絵を描いていますがこの絵は初めてです。
 涙ぐんだ眼差し、綺麗ですね。
 ハムレットの父王の生前の幸せだった時は、目をうるませてハムレットの姿を追っていたのでしょうか。

 ふと思いましたがが、ハムレットが狂気のふりをしたように、オフィーリアも狂気のふりをしていたら?
 意味もないことをつぶやいているという割に、核心をついていますし。
 そうすると事故ではなく完全に自殺で、かわいそうなことに変わりはないけれど。

 関連記事:
 HP更新: ロセッティ 「オフィーリア」 HP更新:水に沈むオフィーリア
 HP更新:オフィーリア特集
 HP更新:ジョン・オースティン画「ハムレット」
 東逸子さんの美しい本(東逸子さんが描いたオフィーリア)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

*** COMMENT ***

以前、こちらで・・・

以前、コメント欄でお邪魔させていただいていたAmlethMachinaです。

しばらくネット上では完全にROM専状態でしたが、ぼつぼつネット復帰しているところです。
最近はこういうこと(http://asylumpiece.seesaa.net/)をやっている・・・ということで
ご挨拶させていただきます。

また、よろしくお願いします。

お久しぶりです。

AmlethMachinaさん、こんにちは。
ブログ、拝見ししました。
素晴らしいです!
じひぜひいろいろな作品を拝見したいです。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。