アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の妖精 -英国の花たち-

 数年前までは日本語版は絶版で、手に入りにくかったシシリー・メアリー・パーカーの「花の妖精たち」、その決定版という書籍が出版されました。

花の妖精 -英国の花たち-花の妖精 -英国の花たち-
(2014/05/01)
シシリー・メアリー・バーカー

商品詳細を見る


 翻訳、監修されているのは、妖精、英国文化研究の第一人者・井村君江先生です。

 主婦の友社のHPより、内容説明の引用です。

「フラワーフェアリーズ」は19世紀前半のヴィクトリア朝時代の英国で生まれた妖精の絵画集。全8作を描いたシシリー・M・パーカーは姉が経営していた幼稚園の園児たちをモチーフにこの愛らしい画を描いたとされている。残されている164本の画と詩を、妖精、英国文化研究の第一人者・井村君江氏が20年かけて全面新訳。また、訳だけでなく、当時の英国の自然や風習など、細かい解説をすべて描き下ろし。井村氏の子息で、ロンドン在住の淳一さんが、M・パーカーの生地であるクロイドン(ロンドン南西部)も日本で初めて現地取材し、美しい英国の自然をカラー写真で掲載。イラストビジュアル、研究本、イギリスガイド本としても楽しめる、永久保存版。英語詩原文も完全収録は日本初。



 ちょっと高額なのが難点ですが、上記引用の通り、当時の英国の自然や風習、お花について独自の解説があり、研究書としても価値があるとは思います。
 シシリー・メアリー・パーカーの絵は、ただ見るだけでも幸せな気持ちになりますが、妖精たちとさらに仲良しになれる1冊です。

 大好きな花バラの妖精。

ばらの妖精


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。