FC2ブログ

アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

ドラマ『高慢と偏見、そして殺人』

 CSのミステリー専門チャンネル、AXNミステリーで、ドラマ『高慢と偏見、そして殺人』を観ました。
 2013年にイギリスで放送された全3話のドラマです。
 公式HP(10月半ば、11月にも放送されます)

高慢と偏見、そして殺人
Death Comes to Pemberley
左からウィッカム、ダーシー、エリザベス、リディア

 
 ジェイン・オースティンの『高慢と偏見』」の後日譚をミステリーとして描いた作品でいわば二次小説、でも原作は、『女には向かない職業』『皮膚の下の頭蓋骨』等で知られる、英国ミステリーの巨匠P・D・ジェイムズのベストセラー小説。意外にもストーリーはおもしろく、セットもロケーション、衣装もとても豪華でした。

高慢と偏見、そして殺人〔ハヤカワ・ミステリ1865〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)高慢と偏見、そして殺人〔ハヤカワ・ミステリ1865〕 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
(2012/11/09)
P・D・ジェイムズ

商品詳細を見る


物語は『高慢と偏見』から6年後、結婚したエリザベスとダーシーは男の子にも恵まれ、幸せにペンバリー館で暮らしていました。
 その日、ペンバリーでは舞踏会の準備で慌ただしくしていました。召使を采配するエリザベスは、ふと小間使い達が森で幽霊を見たという話を耳にします。その時、その森から屋敷に向けて1台の馬車が暴走し、入ってきます。半狂乱の状態で馬車から降りたのは、エリザベスの妹リディア。駆け落ち騒ぎで家族に大迷惑をかけたリディアと軍人ウィッカム夫婦は舞踏会に招かれていませんでした。
 興奮状態のリディアから、ようやく話を聞きだします。夫ウィッカムとその友人の軍人が一緒に来たものの、男2人は途中で言い争いを始め、ついには馬車から降りて森に入り、その後銃声が聞こえたと。
 ダーシーと屋敷の男たちが森の奥へ行って見ると、そこには無残な死体と共にウィッカムがいました。

 果たして犯人はウィッカムなのか。 


高慢と偏見、そして殺人

 ダーシーとエリザベス。
 エリザベスは少しおばさん風の容姿。眉間にあるおできが少し気になりました。『プライドと偏見』で同役のキーラ・ナイトレイが美人すぎたのかもしれませんが。でも、最後には慣れました。
 ダーシーはもみあげの長い、ロシアの文豪プーシキン風。プライドの高さは相変わらずですが、やはりいい所はさらう格好良さでした。こちらは比較的イメージ通り。

高慢と偏見、そして殺人

 物語の中心にいるのはエリザベスというよりダーシーとウィッカム。エリザベスは謎を解いていく探偵的な立場で、最後においしい所は持っていきますが。
 ウィッカムも女性にだらしない所は相変わらずですが、どこか悲劇的で女性を惹きつける、第二の主人公になっています(純文学のヒロインはなぜかこういうタイプに弱く、不幸になる)。
 幼馴染であるダーシーとウィッカムが子どもの頃見た、少年密猟者の絞首刑。それが2人のトラウマとなりますが、ウィッカムは殺人者として処刑、少年と同じように絞首刑にされるのか。そしてダーシーは再びそれを見ることになるのか。

高慢と偏見、そして殺人

 ヘンリー・ジェイムズの『ねじの回転』のように、幽霊のような謎の女性が現れたり、暗い雰囲気はありますが、そこは『高慢と偏見』の続編。
 ダーシーの妹ジョージアナの結婚を巡る2人の男性など、ジェイン・オースティン的なハッピーな雰囲気で終わっていきます。

高慢と偏見、そして殺人
ジョージアナの恋の行方は?


 最後に舞台となるペンバリー館。

 コリン・ファース主演のドラマ版、キーラ・ナイトレイ主演の『プライドと偏見』のペンバリーもひじょうに素晴らしいものでしたが、このドラマでも実に美しい館でした。

ペンバリー
壮麗な建物。
牧草地の向こうは森になっています。


高慢と偏見、そして殺人
室内装飾はブルー系。


高慢と偏見、そして殺人
やっぱり愛してると、抱き合う2人。
階段の上の絵画が、一般の家では絶対飾れない巨大さ。


テーマ:海外ドラマ(欧米) - ジャンル:テレビ・ラジオ

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

11 ≪│2019/12│≫ 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク