アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルセー美術館展 印象派の誕生 (国立新美術館)

 早々にチケットを取り、母と妹と3人で8月行く予定だった美術展。母が足を悪くし、病院通いが続き2か月、ようやく回復し、行ってきました。

 Link:オルセー美術館展 印象派の誕生 -描くことの自由-/2014年7月9日(水)~10月20日(月)/国立新美術館(東京・六本木)

 9年前のフランス旅行で3人で行ったオルセー美術館、巨大な絵のため来日は叶わないと思っていたモネの『草上の昼食』が初来日、楽しみにしていたので、3人で行くことができ、本当に良かったです

 この日、台風18号が近づき、朝から雨のせいか、人気美術展の割には混雑していなくて、じっくり見ることができました。


■エドゥアール・マネ 「笛を吹く少年」笛を吹く少年

笛を吹く少年


 マネの作品では、『すみれの花束をつけたベルト・モリゾ 』と共に何度も来日してくれています(今回は来ていませんが『すみれ〜 』は私が一番好きなマネの絵画)。

すみれの花束をつけたベルト・モリゾ

 「こんにちは。また来てくれたのね」と挨拶したくなる、愛すべき作品です。


■ギュスターヴ・カイユボット 「床に鉋(かんな)をかける人々」

床に鉋をかける人々

 今回の美術展でお目当てだった絵画の一つです。
 現地のオルセー美術館で見たかもしれませんが記憶にはありません。当時は興味がなかったから、他の絵を目がけて素通りしてしまったのかもしれません。
 でも、昨年2013年の10月〜12月にブリヂストン美術館で開催された『カイユボット展 ― 都市の印象派』ですっかりカイユボットのファンになってしまいました。
 Link:カイユボット展 ― 都市の印象派 - インターネットミュージアム

 カイユボットの絵画ほど実際の絵をみるべきと思う絵はありません。絵の前に立つと、3D映像のように、その世界が迫ってくるのです。手をのばせば、足を一歩踏み出せば、絵の世界に入っていけるような。
 『床に鉋をかける人々』もその絵の一つ。画集で見ると地味な風景、でも絵の前に立つと、その場所にいるような気がするのです。しかも目線の高さは、屈んで鉋をかける男たちと同じ。男が顔を上げればまっすぐ目が合いそうなのです。
 カンヴァスは102 ×147cm、そこまで大きな絵ではないのですが、等身大の印象さえもしました。


■ギュスターヴ・モロー 「イアソン」

モロー「イアソン」

 ギリシャ神話の英雄イアソンとコルキス王女メディアです。日没の光に包まれたように光り輝く肌、どちらも男とも女ともつかない美しい容姿をしています。英雄にしては華奢な手前のイアソンの方がより美しい。
 光の中にいるのに闇を感じる退廃的な美しさに魅了されました。


■ジェームズ・ティソ 「ミラモン侯爵夫妻と子どもたちの肖像」

ジェームズ・ティソ『ミラモン侯爵夫妻と子どもたちの肖像』

 印象派と同時代ということもあり目立ちませんが、ジェームズ・ティソやジャン・ベローの2人、19世紀から20世紀にかけての裕福な人々や都会の人々を、写真のように細部まで細かに描いた絵画が好きです。
 ヴィクトリア朝時代の子どもたちや女性のアンティークポートレートが大好きなのですが、写真では分からない、ドレスや子ども服、小物が、細部まで描かれているので、この時代の華やかさがより伝わってきます。
 プルーストの『失われた時を求めて』の世界を、この2人の画家の絵に見るのです。
 『ミラモン侯爵夫妻と子どもたちの肖像』 、家族だけでなく大きな黒い犬まで肖像画に加わっているのは、ルキノ・ヴィスコンティ監督の『山猫』も思わせました。

Luchino Visconti, The Leopard
イタリア映画『山猫』(1963)より



■エリー・ドローネー 「ジョルジュ・ビゼー夫人」

ドローネー「ジョルジュ・ビゼー夫人」

 この美術展でとても見たかった絵画の一つです。
 プルーストの『失われた時を求めて』のゲルマント公爵夫人のモデルの1人とされるのジョルジュ・ビゼー夫人の肖像画です。彼女はオペラの『カルメン』で有名な作曲家ビゼーの妻で、夫の死後銀行家のストロースと再婚、彼女の息子ジャック・ビゼーはプルーストの学友でした。
 亡くなった夫ビゼーの喪に服した喪服なのでしょうか。知的で深い印象的な眼差し、とても美しい方でした。


■クロード・モネ 「死の床のカミーユ」

死の床のカミーユ

 モネが亡くなった妻カミーユを描いた絵画です。
 モネの絵画は大好きだけれど、この絵は苦手です。けれど一度見たら忘れられない絵です。
 繭にくるまれたサナギのような、あるいは雪に埋もれた人のような。
 オフィーリアのように、川の中を流れ、のまれていくような。
 なぜ描いたのだろうか?と思います。沈黙の中に筆の走る音が聞こえます。絵の中から。


■ベルト・モリゾ 「ゆりかご」

ベルト・モリゾ 『ゆりかご』

 『死の床のカミーユ』の次のスペース、すぐの所に展示されていましたが、ほっとします。小学生の頃から惹かれていた、大好きな絵です。
 愛を感じる絵です。母が生まれたばかりの子どもへと注ぐ眼差し。ゆりかごに優しく置かれた手。
 その母へも優しい眼差しが注がれています。
 この絵は、モリゾの姉エドマと、その2人目の娘ブランシュの姿を描いたものです。
 ベールの向こう、うっすら見える赤ちゃんも可愛らしく、ミルクのような甘い香りも漂う気がします。
 懐かしく、大切な暖かなもの。


■ファンタン=ラトゥール 「テーブルの片隅」

テーブルの片隅

 前列一番左にいるのが詩人のヴェルレーヌ、その右隣の若い少年はやはり詩人のランボーです。
 この絵には旅行の思い出があります。
 オルセー美術館はフラッシュをたかなければ撮影は可なので、私はランボーの隣、ヴェルレーヌの位置に並んで一緒に写真を撮りました。

 だって素敵でしょう?

ランボー

 こういうポーズの天使いますよね。


 ラファエロ 天使

 たとえばこの子とか。
 ラファエロの天使です。

 この若さでとても鮮烈な詩を書くのです。
 性格は少し悪そうだけれど、そこがまた魅力的です。
 レオナルド・ディカプリオがランボーを演じた映画『太陽と月に背いて』も大好きです。
 彼に振り回されたヴェルレーヌを考えると、実際にお友達は難しそうだけれど。
 一緒に撮ったツーショット写真ですが、絵画は等身大ではないので、私の方がしっかり顔が大きかったです。


■クロード・モネ 「草上の昼食」

クロード・モネ 「草上の昼食」

 左の絵は418×150、右の絵は248.7×218、巨大な絵です。切り取られなければ、どれほど大きな絵だったでしょうか。
 後年のモネの絵に比べると線がはっきりした絵で、明るい色彩で、ぱっとその場所が明るくなります。
 この大きさから批評家から認められず、しまい込んでいた所、傷んでしまったため切らざるを得なかったという絵画です。

 一緒に来日したやはりモネの初期の作品『ゴーディベール夫人の肖像』この美術展では離れた場所に展示してありましたが、オルセー美術館ではすぐそばに展示してあります。

ゴーディベール夫人の肖像
「ゴーディベール夫人の肖像」

 オルセー美術館で、この『草上の昼食』の絵の前で写真を撮りました。あまりに大きな絵画で、来日は無理だろう、もしかしたら二度と会うことはないだろうと、目に焼き付けました。
 けれど再会できた。
 私生活の方もまた忙しくなり、またいつ旅行に行けるかは分からないけれど、またフランスで会えますようにと願いながら、再び目に絵を焼き付けました。

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。