アレクサンドラ・イザベルの日記

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『去年マリエンバートで』がカラーだったら?

 不可思議な魅力を持つフランス映画『去年マリエンバートで』。
 白黒映画作品。

 舞台となるのは、ある大きなホテル。広大な、バロック風の、宮殿のような豪華な建物。広大で、幾何学的な構成のフランス庭園。無感情無表情な紳士淑女が逗留し、トランプやドミノ等室内ゲームを楽しむ。そして無感情無表情な召使たちが、音もなく作業する。まるで幽霊たちの世界。

 その中に唯一生きている女。1人の男がその女に話しかける。
「去年マリエンバートで会いましたね」と。
 男も女も名前は分からない。
 けれど、この言葉で唯一この場所がマリエンバートという名だと分かる。
 本当にこの男は去年この女と会っていたのか、それとも嘘を言っているのか。





 とても豪華な装飾のホテルのはずなのに、モノウロームの画面が石で固まったような無表情に感じさせます。ずっと流れ続けるバロック風のオルガン曲。紳士淑女たち、召使たち、人は大勢いるはずなのに、たくさんあらう彫像と変わらない無表情。

 この不可思議で、退廃的な映画に、実はカラー写真があることが分かりました。


 ホテル・・・


去年マリエンバートで



去年マリエンバートで



 謎の女。
 デルフィーヌ・セイリグ。

去年マリエンバートで



去年マリエンバートで



去年マリエンバートで



 デルフィーヌ・セイリグがトランプなど並べたりする大きなベッド。そしてカーテン、濃い紫だったんですね。
 twitterで言われていましたが、なんだか娼館のよう。
 白黒で撮るので、わざと濃い色にしたのでしょうけれど。
 太陽の光がそそぐ、明るい黄色の装飾の室内は、あまり幽霊が出そうに見えません。
 どこかこの世の人でないような硬質な美しさのデルフィーヌ・セイリグも血の通った美女なのだと。

 映画全編がカラーになってしまうとイメージが壊れますが、メイキングとして見ると、なかなかおもしろいです。
 そしてアラン・レネ監督のマジックに改めて感動を覚えます。



 おまけで、こちらはやはり白黒映画の名作、フェリーニ監督の『道』のカラーです。

 まずは予告。






 メイキングより。
 ジェルソミーナ、赤毛だったんですね。

道


道


テーマ:昔の映画 - ジャンル:映画

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

サンドラ(bisenco)

  • Author:サンドラ(bisenco)
  • HP『子どものための美しい庭』の管理人をしています。
    HP: http://marieantoinette.himegimi.jp/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。