fc2ブログ

雛芥子茜の覚え書き

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

映画「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」

映画「静かなる情熱 エミリ・ディキンスン」をPrime Videoで観ました。

映画『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』予告編



映画.com作品解説

アメリカの女性詩人エミリ・ディキンスンの生涯を、「セックス・アンド・ザ・シティ」のシンシア・ニクソン主演で映画化。北米の小さな町の屋敷から出ることなく、生前にわずか10編の詩を発表したのみで、無名のまま生涯を終えたディキンスンは、死後に約1800編の詩が発見され、繊細な感性と深い思索の中で編み出された詩の数々で、後世の芸術家たちに大きな影響を与えていると言われる。そんなディキンスンの少女時代から晩年、そして死までを、ディキンスンの愛読者でもあるというニクソンが熱演。実際にディキンスン一家が暮らした屋敷でも撮影が行われた。監督は、レイチェル・ワイズとトム・ヒドルストンが共演した「愛情は深い海の如く」などを手がけたイギリスのテレンス・デイビス。



詩人のエミリー・ディキンソンの学生時代から死までを描いています。
英語の発音ではエミリ・ディキンスンの方が近いかもしれませんが、個人的にはエミリー・ディキンソンの方が響きが好きなので、ここでもエミリー・ディキンソンで通します(笑)

詩集は持っていますが、エミリーについてはバーバラ・クーニーの絵本『エミリー』くらいしか知らなかったので、いろいろ驚くことばかりでした。
生涯家からほとんで出なかった詩人ですが、内気というより気性は激しく、wikipediaにあった「人間と自然が好きな、活発で知的好奇心に満ちた文学少女で、感受性が豊かで、感情の起伏が激しく、自意識が強かった」の通りに感じました。

エミリー・ディキンソン エミリ・ディキンスン

家族にはもちろん、学校の先生、家に来たお客様にも、適当に合わせず、自分の意見を言うし、行動する。
「お皿が汚れている」と言った父の前で、そのお皿を床に叩きつけて綺麗になったでしょうと言った時には、さすがにお父さんよく耐えたなあと思ってしまいました。
一応、自分でも後で考えて悪かったと思ったら謝ったり、落ち込んだりしていましたが。
『赤毛のアン』のアンと似ているのかな?

エミリー・ディキンソン エミリ・ディキンスン

妹のラヴィニア(ヴィニー)が良き理解者で、エミリーが感情に任せて言った言葉に対してもきちんと自分の考え方を言うし、エミリーが言い過ぎたことを反省る言葉を言うと、それでも大好きと言うし、本当に貴重な存在だったと思います。
何だかんだ言いながらも、エミリーが深夜に詩を書くことを許した父も、いい方だったと。

エミリーや妹のラヴィニア、友人(名前を忘れてしまった)も全員ブロンテ姉妹の愛読者で、3度ほど名前が出ています。『嵐が丘』や『ジェイン・エア』も。
エミリーとあまりうまが合わなかった牧師夫人はブロンテ姉妹は暗いだけと言っていたから、好きな人は大好きだけれど、合わない人は合わない、当時ブロンテ姉妹は賛否両論だったのかもしれません。

エミリー・ディキンソン エミリ・ディキンスン

生涯ほとんどを家を離れず、家族とだけ過ごし、内に情熱を秘めていた点では、エミリー・ディキンソンは同じ名前のエミリー・ブロンテと似ている気がします。仲が良くて良き理解者の姉妹がいるという点では、エミリーとアンのブロンテ姉妹とも似ている気がしました(右の写真は映画『ブロンテ姉妹』)

エミリー・ディキンソン エミリ・ディキンスン ブロンテ姉妹

最後の方でエミリーが兄のオースティンと仲違いをする原因となるメイベル・トッド夫人はオースティンが亡くなるまで13年間仲が続いたそうですが、エミリーの詩が世に出ることに大きく関わったのは彼女のようです(後でラヴィニアと対立したそうですが)

エミリーの死の原因となったブライト病(腎臓疾患の一種)は、体の震えが止まらなくてとても苦しそうでしたが、治療方法は見つかったのでしょうか(Wikipedeiaに詳しい記述はなかったので)
映画では突然死のような感じでしたが、自分の葬儀のことまで考えて、葬儀には自分の詩ではなく、エミリー・ブロンテの詩、「私の魂は怯懦ではない/嵐に懊悩する世界にあって震え慄く者ではない」という言葉で始まる「No Coward Soul Is Mine」が朗読されたそうです。


*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

01 ≪│2024/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

雛芥子茜(サンドラ)

  • Author:雛芥子茜(サンドラ)
  • 小説サイト:https://mypage.syosetu.com/2193724/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク