fc2ブログ

雛芥子茜の覚え書き

アンティーク、バラ、陶器の人形、綺麗な絵本、ヨーロッパ映画、バレエなど、好きなものを綴っています。

美術展「モネ 連作の情景」

上野の森美術館で開催の美術展「モネ 連作の情景」に行ってきました。

「モネ 連作の情景」公式HP

モネ展 モネ 連作の情景

下世話なお話しですが、まず円安とはイエチケットがかなり値上がりしました。
当日券2800円。
以前同じようなモネの「睡蓮」の絵画が来てたなあと、2010年に渋谷のBunkamuraで開催された「モネとジヴェルニーの画家たち」を調べたら当日券は1400円でした。悲しい…。

モネとジヴェルニーの画家たち モネ展

でも今回は「仲間たち」(仲間たちといってもルノワールやシスレーではない)はなしの100%モネの油絵でした。
「印象・日の出」や「草上の昼食」等の大作はありませんでしたが、優しい気持ちになれる綺麗な作品が多かったです。

入口に入ってすぐにジヴェルニーの池の風景が壁に映し出され、足元には池の光の演出がありました。
歩くと足元の水が揺れれて、池を歩いている気持ちになります。

モネ展 モネ 連作の情景

初来日して、初めて見る作品もありました。
シュテーデル美術館所蔵の「昼食」です。

モネ 昼食

公式HPより「昼食」の解説

食卓に座るのは、後に結婚するカミーユと息子のジャン。幸せそうな2人を見守る来客の女性と、様子をうかがう使用人の姿もあります。プライベートな情景をモネは高さ230cmを超える大きなカンヴァスに描きました。周到に準備した意欲作でしたが1870年のサロンに落選。希少な「モネの黒」を味わえる初期の代表作は今回が初来日です。



少し前に読んだコミック「モネのキッチン」は第1回印象派展までのモネとその家族、印象派の仲間達の物語で、妻のカミーユや息子のジャンとのエピソードがもっとも多かったのです、この「昼食」で、カミーユや赤ちゃんの頃のジャンに会えて嬉しかったです。

2024年1月2日日記
コミック「モネのキッチン」と映画「画家モリゾ、マネの描いた美女~名画に隠された秘密」

モネのキッチン 印象派のレシピ

撮影許可のある絵画もたくさんありました。
画集では額まで映っていないので、額を作る職人の短編の入った横山道子さんの『赤と青とエスキース 』を読んで以来、この絵にはどんな額装をされているのかを見るのも一つの楽しみです。

モネ ウォータールー橋、曇り
「ウォータールー橋、曇り」

モネ ウォータールー橋、 ロンドン、夕暮れ
「ウォータールー橋、ロンドン、夕暮れ」

モネ ウォータールー橋、 ロンドン、日没
「ウォータールー橋、ロンドン、日没」

モネ 国会議事堂、バラ色のシンフォニー
「国会議事堂、バラ色のシンフォニー」

モネ チャリング・クロス橋、テムズ川
「チャリング・クロス橋、テムズ川」

モネ ジヴェルニーの風景、雪の効果
「ジヴェルニーの風景、雪の効果」

モネ 黄昏時の流氷
「黄昏時の流氷」

モネ ジヴェルニーの草原
「ジヴェルニーの草原」

モネ ジヴェルニー付近のリメツの草原
「ジヴェルニー付近のリメツの草原」

モネ ジヴェルニー付近のセーヌ川
「ジヴェルニー付近のセーヌ川」

モネ ジヴェルニーの洪水
「ジヴェルニーの洪水」

モネ 芍薬
「芍薬」

モネ 睡蓮
「睡蓮」

モネ 睡蓮の池
「睡蓮の池」

モネ 睡蓮の池の片隅
「睡蓮の池の片隅」

ここまで写真撮影できる全ての作品です。
こうして見ると、本当に美しい心が洗われるような作品ばかりでした。

モネ展 モネ 連作の情景

画像をクリックすると大きくなります。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

カレンダー(月別)

01 ≪│2024/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

プロフィール

雛芥子茜(サンドラ)

  • Author:雛芥子茜(サンドラ)
  • 小説サイト:https://mypage.syosetu.com/2193724/
    twitter: http://twitter.com/bisenco
    mail: sandra_w24@hotmail.com

最新記事
最新コメント
カテゴリー
ブログ内検索

リンク